中古マンションの値下がりはいつ起こる?タイミングや今後の動きについて解説 | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
中古マンションの値下がりはいつ起こる?タイミングや今後の動きについて解説

  • 中古マンションの値下がりはいつ起こる?タイミングや今後の動きについて解説





    マンションを購入しようと考えている方にとっても、売却しようと考えている方にとっても、中古マンションの価格が今後どうなるかは非常に重要な事柄です。
    購入したい方にとっては、価格が下がることで購入しやすくなりますし、売却したい方にとっては、価格が上がることで利益を出しやすくなります。
    そこで今回は、中古マンションの値下がりが起こるタイミングや今後の価格の動きについて解説します。
    マンションの売買をお考えの方は、ぜひご覧ください。


     

    □中古マンションで値下がりが起こるタイミングは?



    中古マンションで値下がりが起こる時期については、物件の状態や社会情勢にもよるため一概には言えませんが、一般的には7〜8月と11〜12月ごろはマンション購入の需要が低く、値崩れが起こりやすいとされています。
    他に値下がりが起こりやすいタイミングとしては、例えば以下が挙げられます。

    1.売り出しから3ヶ月が経過したタイミング
    売り出しから3ヶ月が経過したタイミングでまだ入居者が現れていない物件では、空室を早く埋めるために価格が下がりやすくなります。
    値下げをするかどうかは売主の判断となるため、3ヶ月以上が経過しても値下がりが起こらない場合もありますが、目安として3ヶ月程度が値下げの検討が始められる1つのタイミングと言えるでしょう。

    2.競合物件が増えたタイミング
    近隣のエリアで同じような条件の物件が増えると、売主にとってはライバルが増えることになるため、値下がりが起こりやすくなります。
    売主にとっては競合物件が増えることは望ましくありませんが、購入希望者にとっては安く購入できる1つのきっかけとなるでしょう。

    3.築年数帯が上がる前のタイミング
    ポータルサイトでは、「築5年〜築10年」といったように、築年数帯を絞り込みの条件として物件の検索ができます。
    例えば築9年の物件の場合、築10年を超えてしまうと「築5年〜築10年」の検索結果から除外されてしまうことになるため、「築10年を迎える前に値下げをしてでも売ってしまおう」という心理が働き、値下げが行われるケースが多いです。
     

    □中古マンションの価格は今後どうなる?



    中古マンションは今後、都心部では価格高騰が続くことが予想されています。
    また、郊外では価格は横ばい、あるいはやや上昇するという予想があります。
    一方で地方では、今後下落が続いていくと予想されています。

    このように、中古マンション価格は地域ごとに異なる推移になると言われており、特に人口減少や高齢化が進む地方のエリアでは下落の幅が大きく、場合によってはマンションの価値がゼロになるか、あるいはマイナスの資産となってしまうことも考えられます。
    エリアや物件の状況にもよるため一概には言えませんが、大まかな推移の流れは把握しておくべきだと言えるでしょう。


     

    □まとめ



    今回は、中古マンションの値下がりが起こるタイミングと今後の価格の動きについてお伝えしました。
    マンション価格は、売り出しから3ヶ月程度経過した頃や競合物件が増えたタイミング、築年数帯が上がる前のタイミングで値下がりが起こりやすくなります。
    購入をお考えの方はこうしたタイミングを狙い、売却をお考えの方はこうしたタイミングに注意しつつ売却活動を行っていくと良いでしょう。


カレンダー
 << 2024年6月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!