売却後も住み続けるリースバック|札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    9:30~18:30 年中無休
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
リースバック
札幌の不動産売却なら、アルクホーム。
53

資金に関してお悩みでは
ありませんか?

  • まとまった資金が必要だ
  • 住宅ローンの負担を軽減したい
  • 老後の生活費を捻出したい
  • 資金が確保できるか心配だ
札幌不動産売却専門店

にお任せください

リースバックという選択があります

リースバックとは、自宅や不動産を投資家や不動産会社に一度売却し、
その後買主から賃貸として借りることで、売却後もそのままその不動産を活用できるというサービスです。

リースバック紹介 定期建物賃貸借契約終了時

リースバックってなに?動画でわかりやすく解説

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!

不動産売却専門館アルクホームの

リースバック6つのメリット

リースバックの活用事例をご紹介!

  • 予期しない医療費の捻出も、住み慣れた我が家で暮らし続ける為に。

    ある日父親に長期の入院が必要な病気が発覚しました。父親が勤めていた会社は休職扱いとしてもらい、しばらくは手当が支給されることになりました。しかし、母親は父親の看病の為、勤めていた会社を退職することとなり、大きく収入の計画が崩れたことから、当面の医療費と今後の生活資金に大きく不安を抱えることとなりました。

    ふたりともまだ若く、現金化できる資産として愛着のある自宅を売却するのは抵抗があると相談を受けていたところに、「リースバック」のサービスを知り、査定を申し込んでみたところ、思っていたより高い評価をもらえました。「リースバック」なら自宅の所有権は移るものの賃料を毎月きちんと支払えば、これまでと変わらず暮らしを続けていくことができるという点が決め手となり、契約を行いました。

    今は父も無事退院し、娘を連れて行くと今までと変わらない我が家で迎えてくれます

  • 予期せぬ転勤でローンと賃貸の二重払いに。債務を精算して人生設計を見直し。

    結婚を機に実家の近くにマンションを購入しましたが、すぐに転勤に。将来的には地元に戻れると思いマンションは売却せず、住宅ローンの代わりになればと賃貸に出すことにしました。
    ローン返済の一本化や、自宅を担保に金融機関から融資が受けられる「不動産担保ローン」等も検討しましたが、借入総額や件数が多く審査に通らず、どこからも借入ができなくなり、「リースバック」というサービスを知りました。

    なんと言っても助かったのは「リースバック」はあくまでも「不動産の取引」のため、融資を受けるための審査が必要ありませんでした。また、所有権は一度手放すことになりますが、将来的にはマンションの買い戻しも視野にいれることもできます。

    一度滞った債務をきれいに整理し、地元に戻るか、転勤先に根を下ろすか手元の資金と合わせ今度は計画的に考えていきたいと思います。

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!

リースバックの売却事例

売却のお悩みは十人十色です。売却のことならなんでもご相談ください!

相談・資料請求 AIクイック査定
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!