土地を売却する際の流れと注意点についてご紹介します! | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
土地を売却する際の流れと注意点についてご紹介します!

  • 土地を売却する際の流れと注意点についてご紹介します!




    土地を売却するとなると、いくつかの手順を踏む必要があります。
    土地を売却するのはケースによっては複雑であるため直前になってから慌てて確認するよりも、事前に流れや注意点を把握しておくことで、スムーズに売却活動を進められます。
    そこで今回は、土地を売却する際の流れや注意点についてご紹介します。

    □土地を売る流れとは?



    土地を売却するまでには6つの手順を踏むことになり、決して難しくはありません。
    それぞれの流れを見ていきましょう。

    1. 査定を依頼する

    不動産会社に対して、土地売却価格の査定依頼をします。
    インターネットでも可能ですが、実績が多く信頼できる不動産会社に直接依頼する方が得策です。

    2. 媒介契約を結ぶ

    不動産会社の査定に納得すれば、査定額をもとに媒介契約を結びます。
    媒介契約を結ぶことで買い手の探索や広告活動、その他の諸用などを代わりにやってくれるので、売り手は購入希望者が現れるまで待つことになります。

    3. 買付(購入)希望

    土地の購入希望者が現れれば、買付(購入)申込書の作成を行い売り手へ提出します。
    購入申込書は購入希望金額、引渡条件、引渡日や売買代金の支払方法(住宅ローンまたは現金)等、具体的な条件を売主に対して提示する書面です。
    その買付(購入)申込の内容に売主が承諾すると売買契約に進みます。

    4. 買主に対する説明

    売買契約を結ぶ前に、売主は買主に対して知っている事実を告知(物件状況等報告書)する義務があります。
    重要事項説明は宅建業者の義務です。
    土地の状態や条件について細かい部分まで事実を告知し、契約後にトラブルが起こらないように努めるのです。
    土地に何かしらの欠陥や、過去に事故や事件などがあれば、必ず伝えましょう。

    5. 契約・押印

    売買契約書の内容に間違いが無いかを十分に確認し、契約書の作成に移ります。
    この際、買い手から手付金の支払いが行われることがほとんどで、売買額の5~10パーセントほどが一般的です。

    6. 引き渡し

    引き渡し日や決済日を決まれば、それまでに買主売主双方が準備を進めます。
    抵当権が設定されていたり、差し押さえなどがあると所有権を移転できないので、事前準備が大切だという事が分かりますね。
     

    □土地を売る際の注意点について



    土地を売却する際の査定において、「お客様目線で提案をしてくれているか」をよく見ましょう。
    また、きちんと状況にあった提案をしてくれる会社を選ぶことがポイントです。

    □まとめ



    土地を売る際は、お客様の土地が売れる最善の方法を提案してくれる会社を選ぶことが成功のキーになるでしょう。
    そのためにはインターネットで簡易的な査定をするのではなく、実際に不動産会社を訪れてどのような提案をするのかを聞いて判断する必要があります。
    土地の売却をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。


カレンダー
 << 2024年2月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!