空き家をそのまま放置しているとどうなるのか?そのリスクをご紹介します | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
空き家をそのまま放置しているとどうなるのか?そのリスクをご紹介します

  • 空き家をそのまま放置しているとどうなるのか?そのリスクをご紹介します




    「相続で家を所有したけれど、放置してしまっている」
    このような方は多いでしょう。
    空き家を放置していると、さまざまなリスクが考えられます。
    この記事では空き家を放置するデメリットを3つと、空き家を有効活用する手段について解説します。


     

    □空き家を放置するデメリットを3つご紹介!


    空き家を放置するとどうなるのでしょうか。
    空き家を放置することによって発生する問題には「資産価値が下がる」「周囲へ悪影響を与える」「特例が適用されなくなる」の3つがあります。
    それぞれの問題について詳しく解説していきます。

    まずは、資産価値が下がることです。
    たとえ空き家でなくても、時間が経つほど、建物の資産価値は減少していきます。

    しかし、空き家はメンテナンスが行き渡っていないため、速いスピードで状態が悪化していくのです。
    これによって通常の住まいと比較して資産価値が急激に下がってしまいます。

    次は周囲へ悪影響を与えることです。
    空き家の老朽化が進むと、個人財産だけに留まらず、他人へ悪い影響を与えてしまいます。
    例えば、地震が発生した時を想定してみましょう。
    空き家が倒壊、破損することによって、外壁が剥がれたり、屋根材が散乱してしまったりするので、隣の家にダメージを与えてしまう可能性があります。

    最後は特例が適用されなくなることです。
    家を所有して住んでいれば、住宅用地特例の適用によって、固定資産税の減額を受けられます。
    しかし、空き家だと認定されると、この特例は適用されなくなり、固定資産税の減額が受けられなくなるのです。

    それによって本来の6倍の固定資産税を支払う必要があります。
    さらに倒壊などの危険性が高まり、行政からの勧告を受けても改善される見込みがない場合は強制解体されてしまうので注意しましょう。
     

    □空き家を放置せずに有効活用する手段とは?


    ここまでで空き家を放置する危険性についてご理解いただけたでしょうか。
    では、空き家を放置せずに有効活用するにはどうすれば良いのでしょうか。

    更地にして駐車場にしたり、空き家をそのままにして賃貸経営される方もおられます。
    ただ、そのまま有効活用できれば良いですが、物件をリフォームしたり、解体するにも費用がかかってしまいます。
    有効活用して、かけた費用を取り戻すことができれば良いですが、回収できない可能性もございます。

    そのため、相続した空き家を売却し、その資金で別の資産運用を選択される方も多いです。
    どちらにせよ、放置してしまうと維持費がかかってしまうため、どのように取り扱うのかをなるべく早くご決断いただくことをおすすめいたします。


     

    □まとめ


    空き家を放置するデメリットと、放置せずに有効活用する方法について解説しました。
    有効活用する手段は古家付きのまま売却したり、解体して更地にしてから売却したりなど、他にもありますのでぜひ調べてみてくださいね。


カレンダー
 << 2024年2月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!