親子間売買で住宅ローンは活用できる?不動産取引で知るべきポイントとは? | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
親子間売買で住宅ローンは活用できる?不動産取引で知るべきポイントとは?

  • 親子間売買で住宅ローンは活用できる?不動産取引で知るべきポイントとは?




    親から住宅を引き継ぐ際、法的にも財政的にも最適な方法を模索することは、多くの30代〜40代の子供たちにとって重要な課題です。
    親子間での不動産売買は、経済的なメリットを享受しつつ、家族間の調和を保つうえで有効な手段となり得ますが、同時に潜在的なリスクもあります。
    本記事では、親子間売買の利点と実践方法、さらには住宅ローンの活用に関する留意点についてご紹介します。
     

    □親子間売買のメリットとその実践方法


    親子間売買は、家族内での不動産取引で売り手と買い手双方にとって多くの利点があります。

    1:経済的負担の軽減

    親の住宅ローンに残債がある場合、子供が不動産を買い取ることで、親のローン返済を肩代わりできます。
    これにより、親の経済的負担を大幅に軽減できます。

    2:将来の相続トラブルの予防

    不動産は分割が難しい財産であるため、複数の相続人が存在する場合、争族に発展するリスクがあります。
    親子間売買を通じて、特定の相続人が代金を支払って不動産を引き継ぐことで、将来の相続問題を未然に防げます。

    3:愛着のある家の保持

    親が経済的理由で家の売却を検討している場合でも、親子間売買なら、住み慣れた家が他人の手に渡ることなく、家族内で引き継ぎができます。
    売却後も同居を続けられるケースが多いのも、親子間売買ならではの利点といえます。
     

    □親族間売買で住宅ローンの利用が難しい理由


    親子間売買は多くのメリットを持つ一方で、住宅ローンの利用の点では、一般的な不動産取引よりもハードルが高いのが実情です。

    1:銀行の想定外の取引

    住宅ローンは、親子間売買のようなケースを想定していません。
    銀行にとって、親族間取引はイレギュラーな事例であり、担当者レベルで融資を避けられる傾向にあります。

    2:取引の不透明性

    親子間で不動産を売買することは、銀行側から見ると必要性が感じられません。
    相続時の名義変更で対応可能なケースであるがゆえに、あえて売買を選ぶ理由に疑問を持たれやすいためです。

    3:資金使途への疑念

    銀行は、親族間売買での住宅ローン利用について、融資した資金が住宅購入以外の目的に流用されるリスクを懸念します。
    例えば、親族の事業資金に転用されるようなケースがあります。

    このように、親族間売買での住宅ローン利用には、銀行側の理解と協力を得るための丁寧な説明と交渉が欠かせません。
    取引の正当性を明確に示し、資金使途についても疑念の余地がないよう、十分な準備が求められます。
     

    □まとめ


    親子間売買は、親から住宅を引き継ぐ際の有力な選択肢ですが、メリットとリスクを十分に理解したうえで取り組む必要があります。
    特に、住宅ローンの利用については、銀行側の懸念に真摯に向き合い、取引の透明性を確保することが重要です。
    親子間売買を適切に実践することで、経済的利益と家族の絆を両立できるはずです。


カレンダー
 << 2024年7月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!