空き家を高く売るために必要なことは?高く売るコツをご紹介! | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
空き家を高く売るために必要なことは?高く売るコツをご紹介!

  • 空き家を高く売るために必要なことは?高く売るコツをご紹介!




    活用していない空き家をお持ちの方の多くは、「空き家を売りたい」とお考えになると思います。

    また、それと同時に、「せっかく売るなら高く売りたい」とも考えることでしょう。
    空き家が高く売れないと、利益が少なくなってしまうどころか、損失が大きくなってしまう可能性も考えられます。

    そこで今回は、空き家を売る方法と、高く売るコツをご紹介します。

    □空き家を売る3つの方法

     

    *中古住宅または古家付き土地として売却


    空き家の建物を残したまま売りたい場合は、中古住宅として売り出すか、古家付き土地として売り出す方法があります。
    そのまま住める状態であれば中古住宅として、かなりの築年数が経過しているような場合は古家付き土地として販売するのが一般的です。

    購入後にリフォームやリノベーションを行う前提で中古住宅を購入する方もいらっしゃるため、多少状態が悪くても購入してもらえる可能性はあるでしょう。
     

    *更地にして売却


    空き家を解体して更地にしてから、土地として売り出す方法です。
    解体するための時間やコストがかかりますが、活用しづらい古家がある場合に比べて、より高く早く売却できる可能性があります。
     

    *不動産会社に買い取ってもらう


    不動産会社の仲介を通して買主を探すのではなく、不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。

    買い手を探す手間が省けるため、すぐに売却できる点がメリットですが、一方で買取価格が下がってしまうことがデメリットとして挙げられます。
    相場の5〜8割程度での売却になることを想定しておく必要があります。
     

    □空き家を高く売るコツは?


    空き家を高く売るためのコツは複数挙げられますが、特に重要なポイントとしては、「控除や特例を利用する」ことが挙げられます。
    不動産を売却する際には、状況によってさまざまな控除や特例の制度を利用できます。

    空き家の場合は例えば、「3000万円の特別控除」という制度があります。

    現在主に居住している住宅の売却であること、あるいは空き家の場合は住まなくなってから3年以内の売却であること、建物を解体した場合は解体から1年以内に売却することなど、さまざまな条件がありますが、こうした条件をクリアすることで3000万円の控除を受けられるというメリットの大きな制度です。

    他にもさまざまな控除や特例があるため、空き家売却の前にはしっかりと確認しておくことが重要です。

    他には、ハウスクリーニングを行うこともコツとして挙げられます。
    見た目がきれいな物件の方が売れやすいため、ハウスクリーニングを実施してから売りに出すのも有効な手段の1つです。

    特に空き家の場合は、散らかっていたり汚れていたりすることも多いため、ハウスクリーニングは効果が大きいと言えます。

    □まとめ


    今回は、空き家を売却する方法と高く売るためのコツをご紹介しました。
    空き家を売却する方法としては、大きく以下の3つが挙げられます。

    ・中古住宅または古家付き土地として売却
    ・更地にして売却
    ・不動産会社に買い取ってもらう

    ご自身や建物の状況を踏まえて、どの方法が最も高く・早く売れるかを検討しつつ、売却を進めていきましょう。
    高く売るコツについても、実際に売却を進める際にはぜひ確認してみてください。


カレンダー
 << 2024年7月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!