空き家問題の原因と解決策とは? | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
空き家問題の原因と解決策とは?

  • 空き家問題の原因と解決策とは?





    人が居住していない「空き家」の件数は、近年では増加傾向にあり、日本の深刻な問題の1つとして挙げられます。
    空き家をそのまま放置していると、放火や公衆衛生の悪化などさまざまな観点からリスクが高まってしまいます。
    今回は、日本の空き家の増加を防ぐために、空き家問題の原因や解決策についてご紹介します。

    □空き家問題の原因とは?

     

    *日本人は新居を求める傾向にある



    文化的な観点から、日本人は諸外国と比較しても中古住宅より新居住宅を求める傾向にあります。
    ヨーロッパではレンガや石造りの住宅が多い一方で、日本は古くから木造建築が一般的です。
    そのため、耐用性の観点からも日本の既存住宅が低い比率に留まっているのです。
    また、戦後復興していく中で、日本が住宅の新築を奨励する国策を打ったことも原因の1つでしょう。
     

    *相続した住宅の解体が難しい



    都会へ移り住んだ息子が田舎の両親から住宅を相続するケースを例に挙げてみましょう。
    今後相続した家に住まないものの、生まれ育った思い出の詰まった実家であることから、解体に踏み出せない方もいらっしゃいます。
    さらに、解体するにしても高い解体費用が必要ですので、経済的に余裕がない方は「空き家」として放置する傾向にあります。
     

    *家を解体すると固定資産税が高くなる



    実は、空き家問題を助長しているのが固定資産税であると言っても過言ではありません。
    固定資産税には、土地に建物が建築されている場合に税額が最大で6分の1まで軽減される制度が存在します。
    要するに、家を解体することで本来の固定資産税が最大で6倍にまで増加するという問題が生じるのです。
     

    □空き家問題の解決策は?



    1.不動産会社に依頼する
    不動産会社に空き家を売却する依頼をすることで、専門家が適正な評価を行い、最適な売却価格を提示してくれます。
    また、販売活動や契約手続きなども代行してくれるため、手続きの面でも安心です。

    2.不動産オークションに出品する
    不動産オークションに空き家を出品することで、競売により高値で売却できる可能性があります。
    ただし、競売による売却は、買い手側のリスクが大きく、売却価格も低くなる可能性があるため、注意が必要です。

    3.貸し出す
    空き家を賃貸物件として貸し出すことで、収入を得ることができます。
    ただし、貸し出しには管理や修繕の責任が発生するため、貸主側の負担も大きくなる点に注意が必要です。

    4.解体する
    空き家を解体し、その土地をできるだけ早く売却すると良いでしょう。
    空き家をそのまま売却するよりも、解体してから売却した方が売れやすい傾向にあります。
    加えて、その解体した土地を活用し、駐車場の設置といった居住以外の用途に転換するのも一つの手段として挙げられるので検討してみましょう。

    以上のように、空き家を手放すための方法は複数あります。
    自分に合った方法を選ぶことで、スムーズな手続きができるようになるでしょう。

    □まとめ



    日本の空き家問題の解決には、皆さんの一人ひとりの行動がとても重要です。
    現在空き家を所有し、放置してしまっている方がいれば、今回紹介した解決策を参考にしてみてください。
    当社では、家の売却はワンストップサービスで行っておりますので、不動産のことならなんでも当社にお任せくださいね。


カレンダー
 << 2023年6月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!