空き家を所有していることのデメリットとその対策とは? | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
空き家を所有していることのデメリットとその対策とは?

  • 空き家を所有していることのデメリットとその対策とは?





    近年空き家の数が増えてきています。
    そうした中で、空き家の放置による様々な被害が否めなくなってきており、その早急な対策が必要になっています。
    今回は空き家の放置によってどんな被害があるのか、そしてどう対策をうっていくべきなのかをご紹介します。

    □空き家にしておくとどんなデメリットがある?


    空き家の放置によるデメリットは、自分たちだけでなく周囲の人たちへ及ぶこともあります。
    そうなれば責任を負うのは空き家の所有者になるので注意しましょう。
     

    *周囲へ及ぼしうる影響について


    周囲に及ぼす影響として以下のものが挙げられます。

    1. 劣化部分の落下や倒壊

    家は人が住まなくなると急速に劣化が進みます。
    外壁や屋根なども同様で定期メンテナンスが行われないことで劣化し、落下してくる恐れがあります。
    もし落下先が周囲の人であればケガや死亡事故に繋がる可能性がありますし、民家や車などに当たった場合も責任を追わなければいけない可能性が高いです。

    2. 衛生的に悪くなる

    例えばごみが不法投棄されたり、野良猫やネズミなどの野生動物が住みついたり、害虫が繁殖したりと様々なケースが考えられます。
    これによって周囲に悪臭や虫害による被害を及ぼし、クレームの原因にもなりかねません。

    3. 特定空き家に指定される可能性がある

    特定空き家に指定される条件は以下の通りです。

    ・周囲に対して著しい被害を与える危険性がある(倒壊、破損部分の落下など)
    ・周囲の外観を大きく損なっている
    ・衛生上有害な状態

    もし特定空き家に指定されてしまうと、、固定資産税が大きく跳ね上がったり、自治体からの改善要請が入ったりします。
    これに従わなかった場合、罰金となる可能性もあるので注意しましょう。
     

    □空き家対策について


    では、空き家をどのように扱っていけばよいのでしょうか。
    対策としては大きく分けて2つあります。

    1. 売却する

    1つは、売却してしまう方法という方法があります。
    リフォームにかかる費用が大きく、家賃収入が低くなりそうであれば売却してしまう方がおすすめです。
    そのためには、早めに不動産会社に相談して買い手探しを始めましょう。
    札幌市で不動産売却をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

    2. 管理しつつ賃貸に出す

    もちろん将来的に家族が住む予定があるなら、それまで管理しておくだけで問題ありません。
    ただ、住む予定が無いのに所有しつづけるのも良くないです。
    そこで、リフォームを行ってから賃貸に出すと家賃収入を得られるのでおすすめです。
    一方で、賃貸する際には借り手がつかなかったり、維持費用がかかったりというリスクがあるので十分に考えて検討する必要があります。

    □まとめ


    空き家は適切な管理のもとで所有するのは問題ないですが、単に放置しているだけだと周囲へ被害を与える可能性があります。
    使い道の無い空き家は、賃貸に出すか早期に売却しましょう。


カレンダー
 << 2024年6月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!