夫婦で共有名義の住宅ローンを組んでいた場合、離婚したらどうすればいいの? | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
夫婦で共有名義の住宅ローンを組んでいた場合、離婚したらどうすればいいの?

  • 夫婦で共有名義の住宅ローンを組んでいた場合、離婚したらどうすればいいの?




    「離婚時に残った住宅ローンをどうすれば良いのかわからない」
    このような疑問をお持ちの方は多いでしょう。
    そこでこの記事では共有名義で住宅ローンを組んでいた場合の対応について解説します。

    □共有名義で住宅ローンを組んでいた場合の離婚時に取れる選択を解説します!


    離婚時に共有名義で住宅ローンを組んでいた場合、どのような選択が取れるのでしょうか。
    離婚する場合に取れる選択は「売却する」、「住み続ける」の2つです。
    それぞれのケースについて詳しく解説していきます。

    まずは家を売却するケースです。
    家を売却する場合は、家の時価が住宅ローン残債より高いアンダーローンの状態、家の時価が住宅ローン残債より低いオーバーローンの状態の2つに分かれます。

    前者の場合は家を売却することで発生した売却益を使ってローンを完済し、残ったお金を2人で分割すれば問題ないでしょう。
    後者の場合は家を売却したお金を使ってもローンを完済できません。
    そもそも、残債を一括返済できる状態でないと、売却を認めてもらえないというケースもあるのです。

    住宅ローンを滞納した場合、遅延の情報は信用情報機関に残るデメリットがあるので、利用する際は慎重に検討するようにしてくださいね。

    次は家に住み続けるケースです。
    住宅ローンが残っている状態で夫婦のどちらかが残って住み続ける場合、それぞれが継続してローンを支払い続けるか、単独名義にして、支払いを一本化する2つの方法があります。
     

    □離婚時に売却するメリットとデメリットをご紹介!


    離婚時に家を売却するメリットは、固定資産税や住宅ローンを支払い続ける必要がなくなることです。
    もし家を高い値段で売却できれば、新生活のための準備にもなります。

    また、名義変更をしなかった場合、将来の相続で揉め事に発展する恐れがあります。
    そのため、遺産相続時に過去の離婚でトラブルにしたくないなら共有名義を解消しておくと良いでしょう。
    お互いに連絡を取り合いたくなければ、離婚前に売却を完了しておくことがベストですが、離婚後でも売却は可能です。

    一方で離婚時に家を売却するデメリットは、家が高い値段で売れずに負債が残ってしまった場合、離婚後も返済を続ける必要があることです。
    住宅ローン全額を返済するよりは負担が小さくなるとはいえ、離婚後も返済を続けるのは嫌ですよね。

    また、家を売却してしまえば、お金を使って引っ越しをしなければなりません。
    生活環境をできるだけ変えたくないという方は家の売却はデメリットと言えるでしょう。

    □まとめ


    離婚時、どのように残った住宅ローンに対処すれば良いのかわかっていただけたでしょうか。
    今回の記事を参考に、トラブルなく手続きを進めてくださいね。


カレンダー
 << 2024年3月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!