相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正 | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正

  • 相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正











     

    2019年12月の法制審議会で、相続登記の義務化が取りまとめられていました。

    今回、2021年2月に不動産登記法として法相に答申されました。

    同時に他の内容も含まれています。



     

    相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正

     

    相続人の誰かが合意せずに、相続が進まずに難航しているケースや、相続から年数が経過して、共有者不明のケースなどが改善していくことになりそうです。

     

    2021年2月の国会に提出され可決されれば、以下のことが今後施行されます。

    1)相続登記の義務化。相続人は相続によって、土地取得を知ってから3年以内に相続登記をしなくてはならなくなります。登記を行わない場合、10万円以下の過料を課せられることになります。

    2)相続人の申し出のみで、登記ができる制度が実現する。

    3)相続した不要な土地の国有化を認める制度。

    4)所有者不明土地については、裁判所が管理人を選任し、管理人は裁判所の許可を得れば、所有者に代わって、土地を売却できる。

    5)遺産分割が行われずに、複数で共有になっている場合、一部の所有者が不明でも、裁判所の決定を得て、利用や処分できる。

    6)相続が開始してから10年経過しても分割協議が進まない場合、法定相続分で分割が行える。

     

    以上、この法案が可決すると、日本全国の空家問題は、少し前に進む可能性があります。

    特に、5番と6番が施行されるようになると、相続が進まずに困っているケースや共有者が行方不明で、売却できずに困っているケースが解消されていくと思われます。


     

    〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●


    札幌の不動産の査定・買取・売却ならセンチュリー21アルクホームへお任せください!
    センチュリー21アルクホームで賢い不動産売却を実現!
    是非お声掛け下さい。
     


カレンダー
 << 2023年10月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!