住み替え計画の成功への道!資金と売却先行・購入先行の両手法を解説します! | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
住み替え計画の成功への道!資金と売却先行・購入先行の両手法を解説します!

  • 住み替え計画の成功への道!資金と売却先行・購入先行の両手法を解説します!




    住み替えは一生に何度もない大きな決断です。
    特に資金計画や手続きの流れに不安を抱え、失敗を避けたいと考える家主にとって、正確な情報と具体的なアドバイスは必要不可欠です。
    本記事では、住み替えにおける資金計画の立て方と売却先行・購入先行の両手法のメリットとデメリットを解説します。
     

    □住み替えの資金計画は?まず確認すべき3つのポイント


    住み替えの際、最も重要なのは資金計画の策定です。
    ここでは3つのポイントに焦点を当てて見ていきましょう。

    1:現在の家の売却価格の見積もり

    住み替えの出発点は、現在の住まいの市場価値を知ることが大切です。
    まずは不動産会社に見積もりを依頼するところから始めましょう。

    2:住宅ローンの残債との関係

    次に、現在の住宅ローンの残債を確認し、売却価格と照らし合わせます。
    この段階で住宅ローンの完済が見込めるかや、売却後の手元に残る資金はいくらになるかを把握することが大切です。
    万が一、ローン残債が売却価格を上回る場合は、買い替えローンの検討も一つの選択肢です。

    3:新居購入に向けた自己資金と諸費用

    最後に、新居購入にかけられる自己資金の準備と、売却・購入に伴う諸費用を計算します。
    仲介手数料や税金など、予想外の出費が発生しがちなため、詳細な計画が求められます。
    諸費用の算出には、売却金額や購入金額の割合を基に計算すると良いでしょう。

    □住み替え成功のカギ!売却先行と購入先行の二種類を解説!


    住み替えの方法には「売却先行」と「購入先行」の2つの手法があり、それぞれに特徴があります。

    1:売却先行

    売却先行は、現在の住まいを売った後に新居を購入する方法です。
    この手法のメリットは資金計画が立てやすい点にあります。
    現在の住まいの売却によって得た資金をもとに、新居の購入資金を計画できるからです。

    ただし、新居がすぐに見つからない場合は仮住まいが必要になるため、その点を考慮する必要があります。

    2:購入先行

    一方、購入先行は新居を購入した後に現在の住まいを売る方法です。
    この手法の利点は、新居探しにじっくり時間をかけられることです。

    しかし、一時的に二重ローンの状態になるリスクがあるため、財務状況をしっかりと把握し計画を立てることが重要です。

    □まとめ


    住み替えを成功させるためには、資金計画の正確な策定と、売却先行・購入先行の両手法の理解が不可欠です。
    売却価格の査定、ローン残債の確認、新居購入の自己資金と諸費用の計算が重要なポイントです。
    また、自身の資金状況やライフスタイルに合わせて、売却先行か購入先行かの選択を行うことが肝心です。
    この記事が、安心して住み替えを行うための参考になれば幸いです。


カレンダー
 << 2024年4月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!