家を売る際にかかる税金についてご紹介します! | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
家を売る際にかかる税金についてご紹介します!

  • 家を売る際にかかる税金についてご紹介します!




    家だけに限らず、不動産売却で利益を得ると税金を支払わなければなりません。
    税金と聞くと、「どんな種類があるのか」「どれだけ払わなければいけないのか」など、漠然とした不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。
    直前になって焦ると税金を支払えないという最悪の事態になりかねないので、お金と心の準備をしておかなければなりません。

    今回は、家を売る際の税金についてご紹介します。

    □家を売る際にかかる税金について



    家の売却でかかる税金は、「必ず必要な税金」「場合によって必要になる税金」の2種類が存在します。

    *必ず必要な税金



    1. 印紙税

    これは売買契約の際に貼り付ける印紙に対して課税されるものです。
    印紙を貼り付けて消印すれば納税したことになります。
    金額は不動産の売却額によって変動するため、不動産売却額に応じた印紙税額を確認するようにしておきましょう。

    2. 消費税

    これは普段の生活においても馴染みが深い税金ですね。
    もちろん家を売却する際も課税されるのですが、売却益にかかる訳ではありません。
    課税対象の例としては、「仲介手数料」「司法書士への報酬」などが挙げられます。

    *場合によって必要になる税金



    1. 登録免許税

    これは売却予定の家に「ローンが残っていた」場合にかかるものです。
    ローンが残っている状態で売却をする際、抵当権というものがついたままになるのですが、このままだと売却ができず足枷となってしまいます。

    ローンが完済されても抵当権が自動で消える訳ではなく、自身で抵当権抹消手続きをしなければなりません。
    この際の手続きに、登録免許税がかかるという仕組みなのです。

    2. 譲渡所得税

    家を売却することによって利益が発生した場合、譲渡所得税を払わなければなりません。
    譲渡所得税は、「所得税」「住民税」に分類され、厳密に言うとこの2つを払うことになります。
    また、復興所得税という税金も必要になることがあります。

    □注意点とは?



    家を売却する際、税金に関して注意するべき点が2つあります。

    ・土地には消費税は課税されない

    建物自体に課税されるのは前提ですが、土地に消費税はかからないのです。
    土地は国から借りているため、売買されるものでないのが理由です。
    そのため、税金の計算をする際は土地の分の消費税は除外するようにしましょう。

    ・税金控除について

    税金の支払いに関して心配な方もいらっしゃると思いますが、税金の特別控除を使用できる場合があり、例えば「3000万円の特別控除」が有名な例です。
    居住用の家、つまりマイホームの売却において適用され、「空き家になってから3年以内の売却であること」、「家族同士での取引でないこと」などが条件として挙げられます。

    □まとめ



    家の売却にかかる税金は、必ず支払わなければならない税金とそうでない税金に大別されます。
    特に後者の1つである「譲渡所得税」は、不動産売却において利益が出ることが大半なので基本的には支払うことが多いと思っておきましょう。
    家を売る際の税金についてお悩みの方は、ぜひ当社へご相談ください。


カレンダー
 << 2024年4月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!