戸建ての空き家にかかる光熱費の平均はどのくらい? | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
戸建ての空き家にかかる光熱費の平均はどのくらい?

  • 戸建ての空き家にかかる光熱費の平均はどのくらい?




    空き家の所有者にとって、光熱費は見過ごしがちながら重要な経済的な負担です。
    特に、実用主義者で経済的効率を重視する方々にとって、このコストの理解と管理は極めて重要です。
    本記事では、空き家の戸建ての平均光熱費についての分析と、その節約術に焦点を当てていきます。
     

    □空き家戸建ての光熱費の知っておくべき実際の平均コスト


    空き家の戸建てにかかる光熱費は、その維持管理において無視できない要素です。
    平均的な光熱費は年間約3万円といわれており、これを月単位で分解すると、水道代が1,000円から1,500円、電気代が数百円から2,000円、ガス代が1,000円から2,000円程度となります。
    これらは自治体や契約内容によって異なるため、一概にはいえませんが、一般的な指標として参考になるでしょう。

    1:水道代の内訳

    水道代は使用する水道管の大きさによって異なり、通常の20ミリメートルの大口径であれば、大体1,500円以内に収まります。

    2:電気代の変動要因

    電気代は契約アンペアによって変わります。
    必要最低限に抑えた場合、300円未満になることもあります。

    3:ガス代の違い

    ガス代は都市ガスとLPガスで異なり、都市ガスの場合は1,000円前後が目安です。
     

    *メンテナンスコストも重要


    光熱費に加え、メンテナンスコストも考慮する必要があります。
    配水管や電気配線の劣化防止、管理のための交通費なども維持費の一部です。
    特に遠隔地に物件を所有している場合、これらのコストは年間数十万円にも及ぶことがあります。

     

    □空き家の水道光熱費を賢く節約する方法


    光熱費の節約は、空き家管理において重要なポイントです。
    以下に具体的な節約方法を提案します。

    1:ブレーカーの部分的な使用

    ブレーカーを部分的に落とすことで、待機電力を節約できます。
    例えば月5,000円の電気代が、ブレーカーの使用で4,700円に抑えられるケースもあります。

    ただし、防犯システムを始めとした電気を常時必要とする設備には注意が必要です。

    2:コンセントの抜き差し

    不必要な電気製品のコンセントは抜いておくと節電になります。
    節電タップを使うことで、コンセントの抜き忘れを防げます。

    3:アンペア数の見直し

    アンペア数を下げることで基本料金の節約につながります。
    契約変更は電力会社に相談して行いましょう。
    低アンペアなら基本料金が大幅に抑えられますが、使用する家電の必要アンペア数には注意が必要です。

     

    □まとめ


    空き家の戸建てにかかる光熱費は、意外と高額になることがあります。
    水道、電気、ガスの各料金とメンテナンスコストを把握し、ブレーカーの利用、コンセントの管理、アンペア数の見直しといった具体的な節約方法を活用することで、経済的な負担を軽減できます。
    空き家の所有者にとって、これらの知識と節約術は大きな価値をもたらすでしょう。


カレンダー
 << 2024年4月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!