家がなかなか売れない原因とは?売るためのテクニックもご紹介します! | 札幌市の不動産売却・売却査定ならアルクホーム

札幌不動産売却専門館
  • 0120-288-622

    mail@c21alc.com
    9:30~18:30
  • 売却実査定
  • AIクイック売却査定
札幌不動産売却専門館
TOPページ >
新着コラム一覧 >
家がなかなか売れない原因とは?売るためのテクニックもご紹介します!

  • 家がなかなか売れない原因とは?売るためのテクニックもご紹介します!




    家を売りに出したとしても、なかなか売れないと不安になりますよね。
    売れないからといって「運が悪かっただけなんだ」、「もう少しすれば売れるだろう」と下手に粗探しをしてしまうと、結局いつまで経っても売れなくなります。
    売れないのには明確な理由があるので、それを知ってから適切な対策をすることが大切なのです。
    今回は家がなかなか売れない理由と、売れるようにするためのテクニックをご紹介します。
     

    □家がなかなか売れない理由とは?



    一般的に、家が売れない理由としては「内覧に繋がっていない」「不動産会社が適切な対応をしていない」「家自体に原因がある」の3つが挙げられます。

    「内覧に繋がっていない」

    内覧とは、家の購入希望者が室内の状態を見にくることです。
    この内覧が契約成立につながるかどうかのキーポイントになると言っても過言ではありません。
    そのため、そもそも内覧が少ない物件はどれだけ良い状態の家でも売れ残ってしまうことが多いのです。

    2. 「不動産会社が適切な対応をしていない」

    特に不動産仲介の場合、不動産会社が個人の買い手を探すための活動を行います。
    宣伝や契約、その後のサポートなど多岐に渡りますが、この場合は宣伝活動に問題があることがほとんどでしょう。
    そもそも購入希望者が現れないと、その後に繋がらないためです。
    家の販売に関する宣伝が下手、または消極的であるなどの可能性があります。

    3. 「家自体に原因がある」

    家自体の問題もあるでしょう。
    築年数が古く価値が大きく下がっていたり、立地が不便だったりと理由は様々です。
    これらは購入希望者の需要を満たせておらず、ある程度仕方ない場合もあるのですが、売れない原因の一つとして把握しておきましょう。
     

    □売れるようにするテクニックとは?

     

    *購入希望の連絡が無い場合



    そもそも購入希望の連絡が無い場合、売りに出している家の強みや魅力を知られていない可能性が高いです。
    対策としては、「家の強みや魅力の再確認」「宣伝のやり方見直し」「不動産会社を選び直す」の3つが挙げられます。

    改めて売りに出す家の強みや魅力を練り直し、宣伝のやり方も変えることで売れる確率が上がります。
    また、不動産会社が積極的に宣伝活動していないと感じた場合、他の不動産会社に乗り換えることも検討してみましょう。
     

    *内覧があるのに契約に繋がらない場合



    内覧があっても契約に繋がっていない場合、購入希望者が家の状態に対して不満を抱いているか、思っていたものと違ったのかもしれません。
    そのため、できるだけ室内の状態を綺麗に保つことを意識することで解決に繋がるでしょう。
     

    □まとめ



    家がなかなか売れない理由は、たまたまではなく明確な原因があるのです。
    内覧に繋がっていなかったり、宣伝活動の問題だったり、家自体の問題だったりと、よく考えてみれば売れない深刻な原因になっているものが挙げられます。
    それらを特定し、解決のための行動を起こすことが重要です。
    家の売却をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。


カレンダー
 << 2024年3月  
相談・資料請求 AIクイック査定

CONTACT札幌市の不動産売却ならアルクホームにお任せください!