まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622
CATEGORY

不動産売買についての知識情報

一戸建ては最後に土地が残るがマンションはどうなるのか

全国で、社会の問題となりつつあった空き家は増え続けて、840戸を超えている状況となり、ようやく相続登記などの義務化が進むようになりました。 相続登記の義務化改正。相続登記と表示内容の変更の義務化が進むことで、放置され続けてきた戸建ての空き家問題にブレーキをかけてくれるように願うばかりです。 一方でマンションは、表面的な問題感は、薄いものの、同様の問題を抱えている。 表面的には老朽化が分かりにくいた […]

企業の地方移転|土地評価が変わるキッカケに

これまで、東京一点集中だった企業の本社機能が、すでにいくつもの移転が始まっていました。 やはり、きっかけはコロナとテレワークでした、   企業の地方移転|土地評価が変わるキッカケに 企業の地方移転は、早々に移転発表していた、パソナグループが本社を淡路島に移転したことが、知られており、本社勤務の1200名が全員がその対象というから、大移動です。2024年5月までに1200人が異動するようで […]

相続放棄の手続き|遺産を放棄するには家庭裁判所への申述が必要

被相続人が亡くなり、相続が開始したときに、相続人には、相続人には、3つの選択があります。 1)相続人が全ての遺産(借金も含め)を含めて受け継ぐ「単純承認」 2)相続人が権利も義務も一切受け継がない「相続放棄」 3)被相続人の債務の状況を調べ、受け取る財産の範囲まで債務を受け継ぐ限定承認があります。 当記事では、2番目の相続の放棄について解説してまいります。   相続放棄とは 相続放棄とは […]

不動産登記簿謄本の見方

不動産の登記簿謄本。名前は知っているがよく分からない、なんていう人もいるのではないでしょうか。 親が残した土地や建物を相続するときなどに権利証が見つからない、等というときには、登記所に登記されている内容を知る必要があります。 そんな時に、目にするものです。覚えておいて損はありません。   不動産登記簿謄本の見方 権利証を見れば、不動産の様々な内容について、理解出来るのですが、古い権利証な […]

企業の本社ビル売却や移転が止まらない!不動産の立地評価基準も変わるかも

今度は電通グループが自社ビル売却をする。 都営大江戸線の汐留駅に、ほぼ直結する48階建の本社ビルを売却するということです。 移転先が見つかるまでは、約半分の面積を譲渡先から借りるという、エイペックスと同じ方式を選択するようです。   企業の本社ビル売却や移転が止まらない!不動産の立地評価基準も変わる コロナの影響で業績が不安定という各企業の状況が続く背景があり、テレワークの普及で自社ビル […]

在宅ワークが拡大すれば「都心駅近マンション最強説」は崩壊する

在宅ワークがドンドン一般的になる方向へと進んでいる。その状況の中で、マンション評価の変化は静かに始まっています。 しかし、気づいていない人も世の中にはいます。 現在は既に「多様性」の時代であり、「都心駅近マンションが最強」とは言い切れない時代なのだと理解をされた方が良いので、深掘り解説をしたいと思います。 ネットニュースで、「都心駅近マンション最強説」というワードを発見しましたので、誤解の無いよう […]

2021年の税制改正で不動産売買に関する重要な2つの施策

いよいよ2021年4月1日から新年度の税制改正が施行されます。 いくつもの施策の中で、不動産に関連した重要なのは、2つです。   2021年の税制改正で不動産売買に関する重要な2つの施策 今回の税制改正は、当然ながら「コロナ対策」を考慮した内容となっています。 その中で、不動産売買に関して、覚えておく必要があるのは、2つです。   住宅ローン控除の特例の延長 消費税10%の引き […]

不動産売買で2021年人気エリアを知る|売却と購入に役立つ!

不動産売買で、今後の人気エリアを考えることは、これからマンションや戸建てを売却しようとする人も購入しようとする人にとっても、役立つ情報となると思います。 新築マンションと戸建ての選び方の狙い目については、別記事「2021年に不動産を買う時の狙い目をアドバイス!」で、紹介した通りです。 新築マンションと戸建ての場合、ともに竣工して数ヶ月経過している物件が、本日紹介する今後の人気エリアにあれば、ベスト […]

2021年に不動産を買う時の狙い目をアドバイス!

不動産を買うタイミング、いわゆる「買い時」は、大きく2つに分かれます。 一つは、ユーザーそれぞれのプライベートな節目に当たるタイミングです。家族の中で起こるさまざまなイベントに関係します。 転勤や子供の進学のタイミングも影響します。   もう一つは、不動産市況との関係です。 不動産の価格は、さまざまなことが原因となり、株価と同様に上がり下がりをする要素があります。その動きの中で、いつのタ […]

住宅地の地価公示変動率 過去30年の変動に注目!下落の始まり?

地価公示の下落については、ネットやテレビで既に告知されているとおりだが、一般ユーザーに関係するのは、住宅地です。 商業地の地価変動率は、常にその振幅が激しいものです。 しかし、一般ユーザーがマイホーム建築購入を考えたり、売却を考えたりする上では、商業地のデータでは役に立ちません。 そこで、住宅地の変動率にフォーカスして、深掘りします。   住宅地の地価公示変動率 過去30年間の変動につい […]

首都圏のマンション価格下落!3ヶ月連続!

首都圏のマンション価格の下落が続いている。 3ヶ月連続であります。 当記事では、度々、首都圏のマンション価格の動向について、記事を投稿しています。 なぜなら、首都圏のマンション価格の動向は、全国に波及するからです。 国内のマンション市況は、常に首都圏のマンション市況の動向に始まり、数ヶ月で全国に影響していくという図式にあります。   首都圏のマンション価格下落!3ヶ月連続! ついにここへ […]

晴海フラッグ契約者は解約した方が得!価格下落の可能性

「晴海フラッグ」とは、知ってる人も多いと思いますが、東京オリンピックが完了したのちに、選手の宿泊棟が、役目を終えたのちに、居住用マンションとしてフルリフォームされ、一般ユーザーに販売されている分譲マンションです。 三井不動産を中心として大手11のJVによる巨大なマンションプロジェクトです。 コロナ前までは順調に売れていました。 2019年の夏から販売開始し、現在のところ900戸の成約。 分譲戸数が […]

新築マンションの在庫が増えるとなぜ大変なのか|顧客と会社の視点

先日(2021年3月4日)に、「新築マンションの在庫が急増していて大変です」という主旨の記事をアップしました。 当記事では、顧客側の視点と不動産会社(マンションメーカー)の視点から、深掘りします。   新築マンションの在庫が増えるとなぜ大変なのか|顧客と会社の視点 在庫があるということは、まず単純に売れ行きが良くないのだ、ということですが、ここから、「商品が良くない」「商品の必要性が既に […]

マンション在庫数急増から2021年のマンション市況を予想

今後のマンション市況を推測する上で重要なのは、販売在庫数です。 とかく、不動産関連のニュースでは、何戸売り出されて、何戸制約になったというニュースです。 在庫の数が増減したという情報は、少し調べませんと、見つけられません。 しかし、後のマンション市況を考える上で、在庫数に着目しなければ、表面的に「売れてそう」「売れてなさそう」と表現されるだけです。 しかし、そういう情報だけでは、判断を間違って、割 […]

土地価格の推移がヤバい|国交省の地価LOOKレポート

国土交通省で報告されている「地価LOOKレポート」をご存知でしょうか? 東京・大阪・名古屋の3大都市圏の土地価格の動向・推移について3ヶ月ごとに報告されているものです。 一般の方で読んでいる人は、かなり少ないかもしれませんが、重要な報告と今度の土地価格の動向も予測できる資料です。 ネット上で、誰でも閲覧することができます。   土地価格の推移がヤバい|国交省の地価LOOKレポート 国土交 […]

家の寿命は何年あるのか?何年まで住めるのか?

家の寿命が何年あるのか? 家を売却するときだけではなく、購入するとき、相続したときなど、何かの節目ごとにそんな気持ちになるかもしれません。 当記事では、長く住むためのコツや、売却する場合なら高く評価してもらうために家を良い状態に維持するためのコツについて、解説します。   家には構造によって耐用年数がある そもそも、木造の一般的な住宅と、鉄筋コンクリートで出来ているマンションとでは、寿命 […]

不動産を個人間で売買は可能!しかし注意点とデメリット

一般的には、不動産を売却する際には、不動産仲介会社に依頼し、売却します。 そして不動産会社には、仲介手数料を支払います。 仲介手数料は、売買価格に応じて計算しますので、改めて計算してみると、かなり大きなお金です。 不動会社に依頼せず、個人で売買することも、あると思います。 現実に、個人が広告をサイトに掲載して、売買することは、物理的には可能です。     不動産業者に依頼せず個 […]

不動産価格が下落する原因は

不動産の価格が下落することは、人の生活に大きく影響を与えます。 あえていうまでもありませんが、不動産は、人が人生の中で、手にする最も高額な商品だからです。 そのため、所有する人には、大きな資産になったり、負債になったりなどして、大きな影響を受けます。 また、所有ではなく、賃貸で借りるとした場合でも、賃料設定の計算の基礎には、不動産価格の影響が強く関係していますので、賃貸であろうと、不動産価格が上が […]

会長ブログ|不動産売買についての知識情報

不動産売買全般に関する知識や情報について、解説しています。   詳しくはこちらから 会長ブログ 会長ブログ|不動産売買についての知識情報 *当記事 2015年に施行された「空き家対策特措法」のその後 空き家問題は戸建てだけの問題ではなくマンションはゴーストタウン化 子供がいない夫婦の相続対策|遺言書は書いておくべきです 相続登記が義務化されることをご存知ですか? 土地を相続したら考えるべ […]

土地を買うなら選ぶ条件は?不動産会社がすすめるのは

2021年コロナ禍が落ち着いたのちに予想されるのは、働き方が変わることで、住む場所も変わることです。 交通便の良い駅近のマンションライフから、郊外型で面積が広いマンションか戸建に移り住むことが予想されます。 自宅でテレワークをする人が増え、毎日通勤する人が半減するからです。   マンションではなく、戸建て健闘の人も増えるでしょう。     土地には良い土地の条件がある […]

戸建の資産性|コロナ禍の影響で戸建を買う人増加!資産性としては?

新型コロナの影響で、人々の働き方は変わってきていることを、感じざるを得ない状況にあります。 リモートワーク・テレワークが始まるときには、不安視されていましたが、テレワーク開始から半年以上が経過し、働く人も企業も、テレワークでも特に問題がないことに気づきました。 テレワークでは仕事にならない、会社に出社して仕事をしなければ、仕事にならないと言っている人は、ごく一部の人だけあり、オンラインやテレワーク […]

査定のご相談はこちら