まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622
CATEGORY

相続関連

不動産の相続|実家の共有相続は辞めるべき!協議不調時の対策

これまで記事でも何度か触れていますが、実家の共有相続、特に兄弟姉妹での共有はやめておいた方がいいです。 親が亡くなって間もなくの間は、気持ちの整理がうまくつかずに、一旦共有にしてしまう人が多いです。 しかし、それがいずれは、それぞれの子供の代や孫の代まで引き継がれることを、考えている人は、少ないです。 経験上、揉めに揉める売却をめにしたことも何度もあります。 実はですが、兄弟姉妹が2つに別れて民事 […]

相続では遺贈により法定相続人以外に遺産を残すことが出来る

遺言書がない場合、法率によって法定相続人と相続割合が決まられています。 被相続人は、遺言書を書いておくことで、法定相続人の中の1人に特定し相続させることも出来るし、法定相続人以外の人に財産を残すことも。可能です。   法定相続人以外に遺産を残す場合|遺贈 遺贈をすることで、法定相続人以外の人に財産を残したり、団体に寄付することができる。   遺贈の意味は?読み方は?相続との違い […]

遺言書の書き方は認知症になる前に!不動産の共有はしない

相続が発生するとき、もし不動産を持っている場合、かつ兄弟姉妹がいる場合は、事前に遺言書を作って置くことをおすすめします。 不動産を兄弟姉妹で共有する事は、未来に禍根を残すことになるので、辞めた方がいいです。 もし、どうしてもそうされるなら、相続開始後、なるべく早く、売却することです。   認知症と認定される前に遺言を準備する 親が高齢になる事で、心配になることは、相続の他に、認知症になっ […]

相続人に相続放棄された不動産はどうなってしまうのか?

少子高齢化というと、高齢化の方に意識が入ってしまいがちです。 しかし、一方で、「少子化」が同時に起きているということです。 そこで、不動産について考えると、「相続」の問題や、「相続放棄」の問題が浮上してきます。 相続放棄については、過去の当サイトでも記事解説をさせていただきました。 相続の遺産というとプラスのイメージですが、実は負の財産=借金もあります。 プラスの遺産とマイナスの遺産を並べたときに […]

相続時精算課税制度を非課税と誤解している人がいます

生前贈与の形を取りつつ、相続時に相続税として課税する制度があります。 しかし、贈与の非課税制度であると認識している人がいます。 税金がかからないという誤解をしているので、深掘りし解説します。   相続時精算課税制度 まず、結論から申し上げますと、相続時精算課税制度は、非課税の制度ではありません。 国が、高齢者の手元に滞留しているお金を世の中に流通させるために作った制度です。 高齢者は、お […]

相続税の税率と計算について

相続税の税率と相続税の計算の仕方を紹介します。 相続税の計算をするときには、実際の相続割合とは別に、一旦法定相続割りで計算するのがコツです。 また、相続時精算課税制度を利用している場合に、最初の課税対象額の洗い出しをする際に、必要になります。 お忘れ無く。   相続税の税率について 2021年4月時点で、有効な相続税の税率は以下の通りです。   相続税 税率 早見表 国税庁で紹 […]

相続した空き家の火災保険は適用されないかも!損害賠償責任のリスク

親が亡くなり、家を相続することは、よくあることですが、実際には、日本全国の空き家の数からして、危機感をお持ちではない方が多い様に思います。 結局は、相続した家に住んでいないために、リアリティがないのかも知れません。 日本全国の空き家の数は、平均でも7軒に1軒という状況になっています。 最初のうちは、一緒に暮らし、年に1回の火災保険の更新を続けていたが、相続後に空き家状態になってしまった場合に、火災 […]

コロナ禍で夫婦は相続や生前贈与の準備もしておくべき。

コロナ禍で、数が減ったという少し良いニュース、そして変異株が登場という厳しいニュースも。 こんな状況下で、家族の一人が感染し、突然のようになくなるケースも発生しています。 出来る準備をしておきましょう。   コロナ禍で夫婦は相続や生前贈与の準備もしておくべき。 子供がいない夫婦の場合、遺言書を作成しておくべきでことです。 時々サイトのニュース等で、取り上げられているので、お分かりかと思い […]

相続登記の義務化の法案が可決し、住所変更登記も義務化が決定

以前、2020年に当サイトでも紹介していた「相続登記の義務化」についての法案が2021年3月に可決されています。 施行されるのは、2023年です。 相続は、未だ自分には関係ないとお考えの方は、次に注目して下さい。 相続登記の義務化に合わせて、住所変更登記も義務化されます。 違反が見つかると罰金ということになります。     相続登記の義務化の法案が可決し、住所変更登記も義務化が […]

相続税対策のはずが過少申告で課税された2案件|やり過ぎた事例紹介

相続税といえば、以前はお金持ちにかかる税金というイメージでした。確かに、データを見ても、相続税を納める人の割合は、5%にも達していませんでした。 しかし、2015年の税制改正で、基礎控除の額が引き下げられ、法定相続人一人当たりの控除額も引き下げられました。 その結果、相続税を支払う人の数は倍増しました。   相続税は2015年改正以降倍増し、相続税を支払う人数も倍増 相続税対策という言葉 […]

不動産の相続のトラブル!明日にも自分の身に降りかかるかも。

不動産の相続トラブル。その時が来るまで、「うちには関係ない」と思っていることでしょう。 実は意外に多いのです。   不動産の相続のトラブル!明日にも自分の身に降りかかるかも。 親がなくなり、相続が発生するとき、現金などのように分けられる財産の場合は、良いのですが、不動産のように分割できない遺産の場合に、のちにトラブルが起こる可能性があります。 例えば、父親が亡くなり、母親が生きているとき […]

マンションを相続するときの相続税はどのくらいかかるか

親が亡くなって、マンションを残してくれた。 数年後に処分(売却)したら、いくらになるのだろうと気になるかもしれません。 しかし、その前に相続をすることで税金が発生するかもしれません。 場合によっては、相続税が払えない、なんていう事例もあります。 マンションの相続税について、深掘りします。   マンションを相続するときの相続税はどのくらいかかるか マンションの相続税は、単体で計算するもので […]

相続権の割合|兄弟は?孫の場合は?

被相続人が亡くなって、相続開始となったときに、気になるのは、相続割合だと思います。 相続の割合は、法律で決められています。 配偶者や子供については、よく知られていますが、兄弟や孫には、相続割合があるのか、について深掘りして参ります。   相続権の割合|兄弟は?孫の場合は? 一般的な相続権の割合については、テレビやドラマなどで目にすることもあり、知っている人も多いと思います。 相続の割合に […]

相続手続きの相談は司法書士と弁護士のどちらにすればいい

相続手続きは、誰しも経験する可能性が高く、そして人生においてほんの数回しか経験しない可能性があることです。 つまり、一般人にとっては、常に素人同然ということです。   相続手続きの相談は司法書士と弁護士のどちらにすればいい 相続手続きをしてくれる人といえば、一般的に司法書士か弁護士と言われます。 弁護士は、業務範囲が広く、司法書士の業務や税理士の業務までも、業務をおこえます。 では、実際 […]

相続税の計算では不動産評価は土地と建物で異なります

相続税の計算をするときに、現金等の金融資産は、その金額が計算の評価であり、基礎になります。 しかし、不動産については、いくらの価値があるのかが、現金等のように、金額が明確に決まっているものではありません。 そこで、相続税の計算をするときには、不動産の金額の評価をする際には、路線価と固定資産評価額を使って計算することになります。   相続税の計算するときの不動産評価基準は 相続財産の中に、 […]

不動産取得税|相続で不動産を取得した場合にもかかるか

不動産を取得したときには、「不動産取得税」がかかります。 「取得した」とは、所有権を手に入れた、ということです。 例えば、買ったとき、新築を建てたとき、増改築(面積が増えてる)、贈与でもらったとき、などです。 では、深掘りして解説します。   不動産取得税|相続で不動産を取得した場合にもかかるか 結論から言ってしまいます。 相続で不動産を取得した場合、不動産取得税はかかりません。 &nb […]

相続税についての国税庁報道と土地の相続について

相続を取り巻く環境は、平成27年に施行された相続税改正によって大きく変わっています。 国は、相続税の税収を確実に増やすことができました。   相続税|国税庁の資料(数値は国税庁の報道発表資料を参照) 改正前の相続税額は、改正前5年の平均が年間1兆3000億円規模でした。 改正後の相続税は、改正後5年の平均で、年間2兆円規模になっています。 年間7000億円規模で増加しています。 &nbs […]

相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正

以前、「相続登記が義務化されることをご存知ですか?」という記事を紹介しました。 2019年12月の法制審議会で、相続登記の義務化が取りまとめられていました。 今回、2021年2月に不動産登記法として法相に答申されました。 同時に他の内容も含まれています。   相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正 相続人の誰かが合意せずに、相続が進まずに難航しているケースや、相続から年 […]

空き家の相続には注意!特定認定されて放置すれば取り壊しになる

親がなくなり子供がその不動産を相続する。 しかし子供は、その不動産を使用する目的が見つからず、そのまま放置しているケースが有る。 そういった空き家が今世の中にはたくさん増えている。 その状態が放置されている結果、建物の管理状態は維持されず、倒壊の可能性があったり、周りの住民に生活不安を与えるようなことが起きている。 そういった空き家が今世の中にはたくさん増えている。   空き家の相続には […]

内縁の妻には相続権はない|遺言書を書いておくべき

現役の不動産会社社長が解説します。 内縁の妻には相続権がありませんので、対策をしておくべきです。   内縁の妻には、2つのケースがあります。 1)事実婚=入籍はしていないが、互いに独身であり、周囲にも夫婦として認められている。 2)愛人=戸籍上の配偶者が別にいる場合。 愛人の場合は、相続権などの権利は認められません。 むしろ発覚することで、損害賠償請求を受ける可能性が大きいです。 &nb […]

相続の遺留分について|割合・時効など 知っておくべき注意点

相続が発生したときには、法定相続割合に従って分割する場合と、相続人による遺産分割協議書によって合意をして分割をする場合があります。 もう一つは、被相続人による遺言書に従って分割する方法があります。 しかし、3番目の遺言書による分割の場合、相続人の納得が得られない場合があります。 例えば、全財産を長女に譲る、なんて場合です。 このようなケースがあるために、一定の相続人には遺留分が認められています。 […]

相続の基礎控除はいくらになる

相続があった場合には、親族の誰かが亡くなった場合、その妻と子供が法定相続人になります。 子供がいない夫婦の場合や子供も親もいない場合などについて、法律で法定相続人が定められています。 そして、相続税がいくらになるのかを計算するときに、法定相続人の人数により、基礎控除が決まり、相続税の計算から差し引いて計算するのです。   相続の基礎控除 相続税の計算をする際には、亡くなった人が残した金融 […]

相続税はいくらから発生するのか

世の中には、現在利用されていない不動産がたくさん存在しています。 いわゆる空き家です。 一方で、相続に関わる可能性も増えてきています。 また、高齢化によって、不動産を含めた相続では、依然とは違い課税されるケースも増えています。 相続税は、自分とは無縁と考えていたのに、相続税を払うことになるというケースが増えているのです。   相続税はいくらから発生するのか? 相続税は平成27年の相続税の […]

不動産の相続は早めに売却しないと争族に発展

平成27年に施行された相続税の改正が、未だ記憶に新しい。 基礎控除が引き下げ(5,000万円から3,000万。法定相続人一人当たり1,000万円から600万円)られた。 その他にも、税率構造の見直し、未成年者・障害者控除の見直し、などがあるが、一番影響が有るのは、基礎控除の変更です。 その変更によって、課税の対象になる人は、確実に増えている。   本日は、そんな状況の中で、不動産を含んだ […]

査定のご相談はこちら