まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622
CATEGORY

会長ブログ

不動産を所有している高齢者は遺言書を準備しておくべき 

もはや、誰もが知っている「少子高齢化」。高齢者と言われる65歳以上の年間死亡人数は、年間で130万人超となっています。 実際には、遺言書が準備されていない相続が多く、法定相続の割合で、相続されることが多いです。 不動産意義の財産については、数値が明確であり、不満なく法定相続の割合に従って分けることができます。難しいのは、不動産です。価額の計算は、土地は路線価で計算し、建物は固定資産税課税額を目安と […]

相続時精算課税制度を非課税と誤解している人がいます

生前贈与の形を取りつつ、相続時に相続税として課税する制度があります。 しかし、贈与の非課税制度であると認識している人がいます。 税金がかからないという誤解をしているので、深掘りし解説します。   相続時精算課税制度 まず、結論から申し上げますと、相続時精算課税制度は、非課税の制度ではありません。 国が、高齢者の手元に滞留しているお金を世の中に流通させるために作った制度です。 高齢者は、お […]

相続税の税率と計算について

相続税の税率と相続税の計算の仕方を紹介します。 相続税の計算をするときには、実際の相続割合とは別に、一旦法定相続割りで計算するのがコツです。 また、相続時精算課税制度を利用している場合に、最初の課税対象額の洗い出しをする際に、必要になります。 お忘れ無く。   相続税の税率について 2021年4月時点で、有効な相続税の税率は以下の通りです。   相続税 税率 早見表 国税庁で紹 […]

一戸建ては最後に土地が残るがマンションはどうなるのか

全国で、社会の問題となりつつあった空き家は増え続けて、840戸を超えている状況となり、ようやく相続登記などの義務化が進むようになりました。 相続登記の義務化改正。相続登記と表示内容の変更の義務化が進むことで、放置され続けてきた戸建ての空き家問題にブレーキをかけてくれるように願うばかりです。 一方でマンションは、表面的な問題感は、薄いものの、同様の問題を抱えている。 表面的には老朽化が分かりにくいた […]

企業の地方移転|土地評価が変わるキッカケに」

これまで、東京一点集中だった企業の本社機能が、すでにいくつもの移転が始まっていました。 やはり、きっかけはコロナとテレワークでした、   企業の地方移転|土地評価が変わるキッカケに 企業の地方移転は、早々に移転発表していた、パソナグループが本社を淡路島に移転したことが、知られており、本社勤務の1200名が全員がその対象というから、大移動です。2024年5月までに1200人が異動するようで […]

相続放棄の手続き|遺産を放棄するには家庭裁判所への申述が必要

被相続人が亡くなり、相続が開始したときに、相続人には、相続人には、3つの選択があります。 1)相続人が全ての遺産(借金も含め)を含めて受け継ぐ「単純承認」 2)相続人が権利も義務も一切受け継がない「相続放棄」 3)被相続人の債務の状況を調べ、受け取る財産の範囲まで債務を受け継ぐ限定承認があります。 当記事では、2番目の相続の放棄について解説してまいります。   相続放棄とは 相続放棄とは […]

相続した空き家の火災保険は適用されないかも!損害賠償責任のリスク

親が亡くなり、家を相続することは、よくあることですが、実際には、日本全国の空き家の数からして、危機感をお持ちではない方が多い様に思います。 結局は、相続した家に住んでいないために、リアリティがないのかも知れません。 日本全国の空き家の数は、平均でも7軒に1軒という状況になっています。 最初のうちは、一緒に暮らし、年に1回の火災保険の更新を続けていたが、相続後に空き家状態になってしまった場合に、火災 […]

コロナ禍で夫婦は相続や生前贈与の準備もしておくべき。

コロナ禍で、数が減ったという少し良いニュース、そして変異株が登場という厳しいニュースも。 こんな状況下で、家族の一人が感染し、突然のようになくなるケースも発生しています。 出来る準備をしておきましょう。   コロナ禍で夫婦は相続や生前贈与の準備もしておくべき。 子供がいない夫婦の場合、遺言書を作成しておくべきでことです。 時々サイトのニュース等で、取り上げられているので、お分かりかと思い […]

相続登記の義務化の法案が可決し、住所変更登記も義務化が決定

以前、2020年に当サイトでも紹介していた「相続登記の義務化」についての法案が2021年3月に可決されています。 施行されるのは、2023年です。 相続は、未だ自分には関係ないとお考えの方は、次に注目して下さい。 相続登記の義務化に合わせて、住所変更登記も義務化されます。 違反が見つかると罰金ということになります。     相続登記の義務化の法案が可決し、住所変更登記も義務化が […]

相続税対策のはずが過少申告で課税された2案件|やり過ぎた事例紹介

相続税といえば、以前はお金持ちにかかる税金というイメージでした。確かに、データを見ても、相続税を納める人の割合は、5%にも達していませんでした。 しかし、2015年の税制改正で、基礎控除の額が引き下げられ、法定相続人一人当たりの控除額も引き下げられました。 その結果、相続税を支払う人の数は倍増しました。   相続税は2015年改正以降倍増し、相続税を支払う人数も倍増 相続税対策という言葉 […]

不動産登記簿謄本の見方

不動産の登記簿謄本。名前は知っているがよく分からない、なんていう人もいるのではないでしょうか。 親が残した土地や建物を相続するときなどに権利証が見つからない、等というときには、登記所に登記されている内容を知る必要があります。 そんな時に、目にするものです。覚えておいて損はありません。   不動産登記簿謄本の見方 権利証を見れば、不動産の様々な内容について、理解出来るのですが、古い権利証な […]

売却の基本|一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の違い

諸事情により、土地やマンションを売却するときに、不動産会社と媒介契約を結びます。 しかし、その媒介契約が3つあることと、その違いを理解していない顧客は、とても多いと思います。 これから不動産の売却をする上で、その違いをよく理解して選択すべきです。   不動産売却の基本のキ|意外と知らない一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の違い 初めに言ってしまいますと、顧客によって、どの契約が […]

企業の本社ビル売却や移転が止まらない!不動産の立地評価基準も変わるかも

今度は電通グループが自社ビル売却をする。 都営大江戸線の汐留駅に、ほぼ直結する48階建の本社ビルを売却するということです。 移転先が見つかるまでは、約半分の面積を譲渡先から借りるという、エイペックスと同じ方式を選択するようです。   企業の本社ビル売却や移転が止まらない!不動産の立地評価基準も変わる コロナの影響で業績が不安定という各企業の状況が続く背景があり、テレワークの普及で自社ビル […]

在宅ワークが拡大すれば「都心駅近マンション最強説」は崩壊する

在宅ワークがドンドン一般的になる方向へと進んでいる。その状況の中で、マンション評価の変化は静かに始まっています。 しかし、気づいていない人も世の中にはいます。 現在は既に「多様性」の時代であり、「都心駅近マンションが最強」とは言い切れない時代なのだと理解をされた方が良いので、深掘り解説をしたいと思います。 ネットニュースで、「都心駅近マンション最強説」というワードを発見しましたので、誤解の無いよう […]

土地は更地の方が売りやすい?戸建の解体費用の目安は?

古くなった家を売却しようとするとき、そのまま売却した方が良いのか、建物を解体して売却した方がいいのか、悩むかも知れません。 基本的に、一戸建てとして売却するときには、買主にとって戸建として最低限の機能が残っているのかどうかを基準に考えると良いです。 一戸建てとして売却するときには、最低限の機能を買主に保証することになります。 水漏れや雨漏りがないこと、構造上の歪みがないことです。 それらが保証しき […]

離婚しそう!家は共有名義でローンも残っている!どうすればいいか

家を購入する時には、想定していなかった離婚。しかし、様々な状況から、離婚と至ってしまう場合があります。 実は、日本の離婚率は、2019年度厚生労働省のデータによれば、約35%前後の数値となります。 そして、結婚とともに不動産購入をする方の数が増加しており、離婚時に解決すべき問題の一つになっています。 深掘りして参ります。   離婚しそう!家は共有名義でローンも残っている!どうすればいいか […]

不動産の相続のトラブル!明日にも自分の身に降りかかるかも。

不動産の相続トラブル。その時が来るまで、「うちには関係ない」と思っていることでしょう。 実は意外に多いのです。   不動産の相続のトラブル!明日にも自分の身に降りかかるかも。 親がなくなり、相続が発生するとき、現金などのように分けられる財産の場合は、良いのですが、不動産のように分割できない遺産の場合に、のちにトラブルが起こる可能性があります。 例えば、父親が亡くなり、母親が生きているとき […]

不動産売却時の会社選び!選び方のポイント

不動産の売却をするときに、最も迷うことの一つに不動産売却をしてくれる会社を選ぶことだと思います。 一括査定サイトで、たくさんの会社の中から決めた方が良いと考え、2つの一括査定サイトに申し込んでしまい、約10社ほどの企業を相手に、どの会社が良いのかを決められずに、苦労される売主もいます。あるいは、どの会社が良いのかを決められず、3〜5社の一般媒介契約で売却依頼をする方もいます。 一般媒介を否定するわ […]

2021年の税制改正で不動産売買に関する重要な2つの施策

いよいよ2021年4月1日から新年度の税制改正が施行されます。 いくつもの施策の中で、不動産に関連した重要なのは、2つです。   2021年の税制改正で不動産売買に関する重要な2つの施策 今回の税制改正は、当然ながら「コロナ対策」を考慮した内容となっています。 その中で、不動産売買に関して、覚えておく必要があるのは、2つです。   住宅ローン控除の特例の延長 消費税10%の引き […]

親が認知症になると家が売れない!成年後見人の申請が必要

今更だが、少子高齢化の世の中であります。 社会の問題としても、大きな問題ですが、不動産にも関係が深い問題です。 2019年の厚生労働省の資料によれば、認知症は2020年には630万人を超え、2025年730万人に達する見込みとされています。 2018年時点では、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症であるとされ、大きな問題になっています。 不動産に関連することについて、深掘りをします。   […]

不動産売買で2021年人気エリアを知る|売却と購入に役立つ!

不動産売買で、今後の人気エリアを考えることは、これからマンションや戸建てを売却しようとする人も購入しようとする人にとっても、役立つ情報となると思います。 新築マンションと戸建ての選び方の狙い目については、別記事「2021年に不動産を買う時の狙い目をアドバイス!」で、紹介した通りです。 新築マンションと戸建ての場合、ともに竣工して数ヶ月経過している物件が、本日紹介する今後の人気エリアにあれば、ベスト […]

2021年に不動産を買う時の狙い目をアドバイス!

不動産を買うタイミング、いわゆる「買い時」は、大きく2つに分かれます。 一つは、ユーザーそれぞれのプライベートな節目に当たるタイミングです。家族の中で起こるさまざまなイベントに関係します。 転勤や子供の進学のタイミングも影響します。   もう一つは、不動産市況との関係です。 不動産の価格は、さまざまなことが原因となり、株価と同様に上がり下がりをする要素があります。その動きの中で、いつのタ […]

住宅地の地価公示変動率 過去30年の変動に注目!下落の始まり?

地価公示の下落については、ネットやテレビで既に告知されているとおりだが、一般ユーザーに関係するのは、住宅地です。 商業地の地価変動率は、常にその振幅が激しいものです。 しかし、一般ユーザーがマイホーム建築購入を考えたり、売却を考えたりする上では、商業地のデータでは役に立ちません。 そこで、住宅地の変動率にフォーカスして、深掘りします。   住宅地の地価公示変動率 過去30年間の変動につい […]

マンション価格下落に続き地価公示も下落|売却するなら今のうち

昨日、首都圏マンションの月度の販売について、3ヶ月下落している情報について、投稿しました。 しかし、2021年3月23日の地価公示が発表され、土地価格の下落について、新聞各紙が報じています。 全国の商業地を中心に、住宅地をも含めて、公示価格が下落したことが発表されました。 不動産会社に従事して、30年以上の経験から、筆者にどう見えるのかについて、深掘りし解説します。 そして、もし売却をお考えなら、 […]

首都圏のマンション価格下落!3ヶ月連続!

首都圏のマンション価格の下落が続いている。 3ヶ月連続であります。 当記事では、度々、首都圏のマンション価格の動向について、記事を投稿しています。 なぜなら、首都圏のマンション価格の動向は、全国に波及するからです。 国内のマンション市況は、常に首都圏のマンション市況の動向に始まり、数ヶ月で全国に影響していくという図式にあります。   首都圏のマンション価格下落!3ヶ月連続! ついにここへ […]

晴海フラッグの契約者は解約した方が得です

「晴海フラッグ」とは、知ってる人も多いと思いますが、東京オリンピックが完了したのちに、選手の宿泊棟が、役目を終えたのちに、居住用マンションとしてフルリフォームされ、一般ユーザーに販売されている分譲マンションです。 三井不動産を中心として大手11のJVによる巨大なマンションプロジェクトです。 コロナ前までは順調に売れていました。 2019年の夏から販売開始し、現在のところ900戸の成約。 分譲戸数が […]

今後も増え続ける空き家問題|最善の解決策は「処分」

空き家問題が今もなお深刻です。 2015年には、空き家対策法が施行され、空き家については、利用予定がない場合、建物の解体指示や土地固定資産税の控除撤廃(6倍に増加)がなされました。 不動産業に従事するものとして、その後、土地の売却依頼が増加した記憶があります。   今後も増え続ける「空き家問題」 2015年に空き家の対策法が実行され、それなりの成果はあったはずなのですが、2018年には空 […]

不動産の一括査定の落とし穴|注意して利用すべき

不動産売却を考えるときに、インターネットの一括査定は、とても便利なサービスです。 物件を見てない査定ですから、本当の不動産売却査定ではないのですが、大まかな目安を知る手がかりにはなります。 あくまでも目安です。 ここをよく覚えておかないと、それは後日落とし穴になってしまいます。   不動産の一括査定の落とし穴 何にでも言えることかもしれませんが、非常に便利なグッズやサービスも使い方を間違 […]

不動産売却をする理由は販売戦略に関係|率直に話す方が損がない

不動産を売却するときに、ネットで会社を調べたり、ネット査定をして、今後どうするかを考えていくことになります。 不動産を売却する際の理由によって売却の戦略が変わってくることをご存知でしょうか。 今回の記事では、そのあたりにスポットを当てて解説してまいります。   不動産売却をする理由は販売戦略に関係|率直に話す方が損がない 不動産の売却価格、販売戦略は、売却する理由と深く関係があります。 […]

マンション売却を成功させたい!売主ができる高く売れる10の方法・2021年

2021年3月、中古マンションを売却するには、世の中全体は、一見すると、厳しい状況にありそうですが、よくよく見てみると、そうとも言い切れません。 好景気の時になったら、自分のマンションの売却条件が良くなるかと言えば、実際にはそうとも言い切れません。 後述する諸条件をよく見て考えてみてください。 当てはまりそうなら、マンション売却は高く売れる可能性がありです。   マンション売却を成功させ […]

新築マンションと中古マンションの販売と価格の関係性

新築マンションの売れ行きは、中古マンションの動向と関係性を持っています。 そして、価格についても一定の関係を持っています。 そして、その歴史は何度となく繰り返しています。 また、首都圏での不動産動向が、その後に全国へと関連していきます。 首都圏で新築マンションがよく売れるのであれば、その翌年には全国の主要都市の新築マンションも同じ動きをします。 そして、その逆もまた然りなのです。   & […]

新築マンションの在庫が増えるとなぜ大変なのか|顧客と会社の視点

先日(2021年3月4日)に、「新築マンションの在庫が急増していて大変です」という主旨の記事をアップしました。 当記事では、顧客側の視点と不動産会社(マンションメーカー)の視点から、深掘りします。   新築マンションの在庫が増えるとなぜ大変なのか|顧客と会社の視点 在庫があるということは、まず単純に売れ行きが良くないのだ、ということですが、ここから、「商品が良くない」「商品の必要性が既に […]

傾いた家を売却する方法

時にマンションが傾いたといって、ニュースで取り上げられることがあります。 実は戸建てではニュースとして取り上げられることが少ないですが、過去にはたくさんありました。 流石に近年の戸建てでは、そういう事例はあまり聞かなくなりましたが、少し古い住宅には、時々あるケースです。 実は、傾いた家を、中古戸建てとして売却することは、相当に難しいことなのです。 深掘りします。   傾いた家を売却する方 […]

マンションを相続するときの相続税はどのくらいかかるか

親が亡くなって、マンションを残してくれた。 数年後に処分(売却)したら、いくらになるのだろうと気になるかもしれません。 しかし、その前に相続をすることで税金が発生するかもしれません。 場合によっては、相続税が払えない、なんていう事例もあります。 マンションの相続税について、深掘りします。   マンションを相続するときの相続税はどのくらいかかるか マンションの相続税は、単体で計算するもので […]

マンション在庫数急増から2021年のマンション市況を予想

今後のマンション市況を推測する上で重要なのは、販売在庫数です。 とかく、不動産関連のニュースでは、何戸売り出されて、何戸制約になったというニュースです。 在庫の数が増減したという情報は、少し調べませんと、見つけられません。 しかし、後のマンション市況を考える上で、在庫数に着目しなければ、表面的に「売れてそう」「売れてなさそう」と表現されるだけです。 しかし、そういう情報だけでは、判断を間違って、割 […]

土地価格の推移がヤバい|国交省の地価LOOKレポート

国土交通省で報告されている「地価LOOKレポート」をご存知でしょうか? 東京・大阪・名古屋の3大都市圏の土地価格の動向・推移について3ヶ月ごとに報告されているものです。 一般の方で読んでいる人は、かなり少ないかもしれませんが、重要な報告と今度の土地価格の動向も予測できる資料です。 ネット上で、誰でも閲覧することができます。   土地価格の推移がヤバい|国交省の地価LOOKレポート 国土交 […]

マンション売却の11の手続き|流れがわかると安心

マンション売却は、投資家でもない限り、一生に1度か2度しかない稀な出来事です。 実際には、不動産会社のアドバイスを受けながら、進めていくので、迷うことはあまりないと思います。 しかし、不動産会社と出会う前の段階についても重要なことがあります。 また、一生に1度か2度しかないようなことですから、全体の流れをおおよそ知っておいて進んでいくほうが安心できますね。   マンション売却は以下の11 […]

マンション売却時のハウスクリーニングには2つの理由

マンション売却時に考えておくべきことにハウスクリーニングがあります。 ハウスクリーニングとは、その名前の通り、一戸建てやマンションの内装について、業者に依頼してクリーニングをしてもらうことです。   マンション売却時のハウスクリーニングを行う2つの理由があります 2つの理由とは、マンションの現況に応じての違いがあります。 マンション売却には、居住中で売却する場合と、転居済みで空室状態で売 […]

マンション売却の内覧|コツを知らないと大変

マンション売却で、転居前に販売活動を始めるとき、当然ですが居住中に内覧者が来ます。 コツを知っておく方が売却も進みやすくなります。 逆に、良かれと思ってしたことが、裏目に出るという大変な場合もあります。 売却をするかもしれないとお考えなら、知っておいて損はありません。   マンション売却の内覧|コツを知らないと大変 マンション売却には、転居後に販売開始する場合と、転居前に居住中で販売する […]

マンション売却の売り時は築年数が何年か?

マンション売却を考えるときには、売却をする理由があります。 ですので、売却のタイミングというのは、自由に選ぶというよりも、何かが原因となり、売却することが圧倒的に多いです。 そのため、参考にならない場合もあるかもしれませんが、、、マンション売却の売り時の築年数を知ることは、目安になると思います。   マンション売却の売り時は築年数が何年か? マンション売却の売り時には2つあります。 一つ […]

マンション・不動産売却の消費税!個人でも かかる場合がある!

一般的に、マンションを含め土地以外の不動産売却時に、建物価格には消費税がかかることは知られるようになったと思います。 そして、個人名義のマンション等には、消費税はかからないと知られています。 しかし、場合によっても、個人名義のマンションであっても、消費税が課税対象になることがあります。   マンション売却の消費税!個人でも かかる場合がある! まず最初に、不動産とは、土地と建物に分かれま […]

相続権の割合|兄弟は?孫の場合は?

被相続人が亡くなって、相続開始となったときに、気になるのは、相続割合だと思います。 相続の割合は、法律で決められています。 配偶者や子供については、よく知られていますが、兄弟や孫には、相続割合があるのか、について深掘りして参ります。   相続権の割合|兄弟は?孫の場合は? 一般的な相続権の割合については、テレビやドラマなどで目にすることもあり、知っている人も多いと思います。 相続の割合に […]

相続手続きの相談は司法書士と弁護士のどちらにすればいい

相続手続きは、誰しも経験する可能性が高く、そして人生においてほんの数回しか経験しない可能性があることです。 つまり、一般人にとっては、常に素人同然ということです。   相続手続きの相談は司法書士と弁護士のどちらにすればいい 相続手続きをしてくれる人といえば、一般的に司法書士か弁護士と言われます。 弁護士は、業務範囲が広く、司法書士の業務や税理士の業務までも、業務をおこえます。 では、実際 […]

2021年所得税の確定申告と納付について期限延長

新型コロナの影響はまだまだ続いています。 2020年分の所得税の確定申告期間も期限が延期になっています。   2021年所得税の確定申告の納付期限が期間延長 2021年2月初めに、国税庁から発表されています。 新型コロナに基づく緊急事態宣言の期間と確定申告期間が重なることから、申告期限と納付の期限が延長されることになりました。 申告期限と納付期限は、当初3月15日でしたが、延長されて4月 […]

家の寿命は何年あるのか?何年まで住めるのか?

家の寿命が何年あるのか? 家を売却するときだけではなく、購入するとき、相続したときなど、何かの節目ごとにそんな気持ちになるかもしれません。 当記事では、長く住むためのコツや、売却する場合なら高く評価してもらうために家を良い状態に維持するためのコツについて、解説します。   家には構造によって耐用年数がある そもそも、木造の一般的な住宅と、鉄筋コンクリートで出来ているマンションとでは、寿命 […]

相続税の計算では不動産評価は土地と建物で異なります

相続税の計算をするときに、現金等の金融資産は、その金額が計算の評価であり、基礎になります。 しかし、不動産については、いくらの価値があるのかが、現金等のように、金額が明確に決まっているものではありません。 そこで、相続税の計算をするときには、不動産の金額の評価をする際には、路線価と固定資産評価額を使って計算することになります。   相続税の計算するときの不動産評価基準は 相続財産の中に、 […]

不動産取得税|相続で不動産を取得した場合にもかかるか

不動産を取得したときには、「不動産取得税」がかかります。 「取得した」とは、所有権を手に入れた、ということです。 例えば、買ったとき、新築を建てたとき、増改築(面積が増えてる)、贈与でもらったとき、などです。 では、深掘りして解説します。   不動産取得税|相続で不動産を取得した場合にもかかるか 結論から言ってしまいます。 相続で不動産を取得した場合、不動産取得税はかかりません。 &nb […]

マンション売却には複数の”割合”があります|2%の法則

マンション売却には、”割合”というキーワードが複数あります。 マンション売却した後に申請(確定申告)するときに記載する、土地と建物の”割合”。 マンション売却の価格を出すときの査定で、築年数によって、売却価格が低減していく”割合”。 そして、タイトルに記した「2%の法則」です。 マンションは、新築された翌年から、所有者のさまざまな理由により、2%の割合で売却物件が発生します。 では、深掘りして解説 […]

不動産査定のAI化のメリットとデメリット

社会のさまざまな部分がAI化が進んでいます。 当然、不動産業界にも浸透を進めています。 具体的には、不動産査定の部分に、各査定サイトを中心に、AI化が進んでいます。 便利になるメリットとAIには困難なデメリット   不動産会社に依頼しなくとも、スマホAIアプリで概算不動産査定価格はすでに分かる   不動産業者が専用に使う不動産査定サイト(東京カンテイなど)は、数年前から存在して […]

相続税についての国税庁報道と土地の相続について

相続を取り巻く環境は、平成27年に施行された相続税改正によって大きく変わっています。 国は、相続税の税収を確実に増やすことができました。   相続税|国税庁の資料(数値は国税庁の報道発表資料を参照) 改正前の相続税額は、改正前5年の平均が年間1兆3000億円規模でした。 改正後の相続税は、改正後5年の平均で、年間2兆円規模になっています。 年間7000億円規模で増加しています。 &nbs […]

査定のご相談はこちら