まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622

住宅地の地価公示変動率 過去30年の変動に注目!下落の始まり?

地価公示の下落については、ネットやテレビで既に告知されているとおりだが、一般ユーザーに関係するのは、住宅地です。

商業地の地価変動率は、常にその振幅が激しいものです。

しかし、一般ユーザーがマイホーム建築購入を考えたり、売却を考えたりする上では、商業地のデータでは役に立ちません。

そこで、住宅地の変動率にフォーカスして、深掘りします。

 

住宅地の地価公示変動率 過去30年間の変動について

地価工事とは、国土交通省が、全国26,000のポイントについて、年に1回設定する土地価格の指標です。

26,000箇所のポイントに設定された土地価格そのものが、売買価格とイコールではありませんが、一つの重要な目安とされるものです。

ですから、上昇と下落について注目されますし、影響もします。

設定されたポイントの特異性によっては、全体がマイナスになっているのに、そのポイントだけプラスになっている、なんてことも起こり得ます。

 

今回注目したのは、報道データの中で、目を引く商業地や別荘地ではなく、一般ユーザーにとってより重要な、住宅地の地価公示の「変動率」です。

変動率とは、前年との比較において、プラスなのかマイナスなのかということです。

 

2021年三大都市圏の住宅地が揃ってマイナス

全国の地域を詳しく見ていくと、変動率がプラスのポイントもあります。

しかし、三大都市圏の首都圏・近畿圏・中部圏では、地価の変動率の平均が、揃ってマイナスになりました。

つまり、特別なポイントはあるものの、国内の住宅地の地価は、総じてマイナスに転じたということです。

下記に示すのは、三大都市圏について、過去30年間の地価公示変動率のデータからグラフ化したものです。

報道では、「6年ぶりに、三大都市圏の地価公示が前年比でマイナスになった」とか、「東京の地価が8年ぶりに下落」などというタイトルで、地価公示が下落したことが伝えられています。

いずれも地価公示の変動率についての記載です。

 

6年前・8年前に何があったのか|それはリーマンショック

グラフを見ると、2008年から2009年に大きなダウンがあります。

この時期に、何があったのか、と言えば、それは「リーマンショック」です。

リーマンショックとは、リーマンブラザーズという投資会社の名前で、呼ばれる経済破綻の出来事の名称です。

当時のアメリカでは、サブプライムローンという、客観的に返済の可能性が厳しいと思われる低所得者に、ほとんど無審査状態で、貸し付けられており、その債務を投資商品化し、投資ファンドの中に潜り込ませて販売していました。

それが、膨らんで、当然の如く破綻したのですが、それはアメリカだけではなく、世界中に影響しました。

日本でも、大きな影響を受け、地価がダウンしました。

2009年のダウンから、プラスに転じるまでに、5年かかっています。

 

1990年の始まりごろには「バブル崩壊」

グラフの左側、ちょうど30年前のあたりは、バブル崩壊後のマイナス期です。

特に、近畿圏は地価が前年比マイナス20%を超える恐ろしいほどの状況です。

 

これはよく知られている、1990年の、いわゆるバブル経済の破綻がありました。

1991年がバブル崩壊の始まりでした。

バブルの始まりは、1985年に、ドル高の是正をするために、プラザ合意で「円高ドル安」の方向性が決まったことにはじまったと言われます。

世の中が、円高ドル安の方向へと進んだのです。

この後、日本の株価はどんどん上昇し、1989年12月に史上最高額 3万8957円をつけました。

直後の翌年1月に、株価の下落が始まります。

株価は、全ての金利や土地価格にも連動します。

土地価格も下落を始めます。ですので、1990年が崩壊の始まりの時でした。

上記のグラフで、1992年に近畿圏の変動率が前年比22%になりました。

 

おかしなもので、バブル崩壊以前に各不動産会社には、バブル時に仕入れた土地がたくさんありました。

その土地の販売やマンション化が、続々と始まり、利益のないマンション事業がたくさん発売され、1994年から10年ほどの間、バブル以前の2倍の数を毎年販売し続けました。

それらの状況がやっと落ち着き、土地価格もようやくプラスに転じて3年目にリーマンショックがありました。

 

地価公示変動率 今からの過去10年

2009年のリーマンショックからようやく立ち直り、住宅地価格がプラスになったのが、2014年です。

近畿圏は、リーマンショック時の在庫が首都圏の2倍ありましたので、プラスになったのは、2016年にようやくでした。

その後、2020年まで(実体経済は、2019年)は、わずかな幅のプラスを続けていました。

しかし、他と1%でも、数年間続けば、良い方向へと向かいます。この6年間はそういう時期でした。

 

地価公示変動率で注意すべきは連続|2021年の下落は始まりかも?

上記のグラフで解りますように、実はプラスに転じるか、マイナスに転じるかで、その後数年間がその方向に続いていきます。

ただし、今回2021年発表の地価公示では、住宅地の下落は小幅なため、来年発表で予想されるのは、大きく下がるか、一旦プラスに戻るかもしれないということです。

バブル崩壊後は、長い間変動率はマイナスでした。

途中っもう少しで、プラスというところ回復したものの、プラスに転じきれずにさらに落ち込んだ時期(2000年〜2006年)もあります。

2007年から、ようやくプラスに戻り、たったの2年だけプラスで、3年目にはリーマンショックでマイナスになり、2013年までマイナスが続きました。

今回の変動率マイナスへの転化が、数年間のマイナスへの始まりではないことを祈るばかりです。

 

もしも、不動産の売却を考えるなら、今すぐに始めることです。

下落幅が少ないうちにです。

 

 

関連記事

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売買についての知識情報
  3. コロナ禍の中で完成済みマンション予想外の売れ行き
  4. 不動産価格が下落する原因は
  5. 新築マンションの在庫が増えるとなぜ大変なのか|顧客と会社の視点
  6. 晴海フラッグの契約者は解約した方が得です
  7. 首都圏のマンション価格下落!3ヶ月連続!
  8. マンション価格下落に続き地価公示も下落|売却するなら今のうち
  9. 住宅地の地価公示変動率 過去30年の変動に注目!下落の始まり? *当記事

不動産を売却するか、あるいは他の手段を考えるか、を検討するには、まず不動産の価格を知ることは大事なことです。また、査定をしたからといいましても、売却へとすすめなければ不動産会社に迷惑をかけると考える必要はありません。不動産売却は無理におすすめできることではありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

査定のご相談はこちら