まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622

相続権の割合|兄弟は?孫の場合は?

被相続人が亡くなって、相続開始となったときに、気になるのは、相続割合だと思います。

相続の割合は、法律で決められています。

配偶者や子供については、よく知られていますが、兄弟や孫には、相続割合があるのか、について深掘りして参ります。

 

相続権の割合|兄弟は?孫の場合は?

一般的な相続権の割合については、テレビやドラマなどで目にすることもあり、知っている人も多いと思います。

相続の割合については、民法で定められいます。

法定相続人には、順位が設定されています。

配偶者と子供は、第1順位です。

配偶者は、常に相続人となります。

もしも、被相続人が亡くなって相続開始したときに、子供がいない場合や、配偶者がいない場合に、兄弟や孫に相続権が発生します。

ですので、被相続人が亡くなって相続開始したときに、配偶者・子供がいる場合は、兄弟や孫には相続権は、発生しません。

 

相続権の割合|兄弟が相続人となる場合

被相続人の兄弟が、相続人となる場合は、限定的です。

兄弟が相続人となる場合は、被相続人に子供がいない場合、かつ被相続人の親もすでに他界している場合です。

この場合、配偶者の相続権は4分の3になります。

兄弟は、もし複数いれば、それら全員で、4分の1が割合になります。

 

また、被相続人が、遺言書で相続人を指定しているときは、法定相続割合分を侵害された相続人は、遺留分を請求できます。

しかし、兄弟には、遺留分はありません。

 

相続権の割合|孫の場合

孫は、通常は、相続権がありません。

ただし、被相続人の子供が、被相続人よりさきに亡くなっている場合、孫は代襲相続人となります。

ですので、おじいちゃん(おばあちゃん)が孫にも遺産を分割したいと考えるときに、子供が生存している場合には、遺言書で指定してあげる必要があります。

 

相続権の割合|基本

法定相続人の割合は、下記のように決まっています。

  • 配偶者のみの場合|配偶者が全てを相続(親も兄弟もいない場合)
  • 配偶者と子供の場合|配偶者は2分の1、子供全員で2分の1(子供2人なら、それぞれ4分の1)
  • 配偶者と親がいる場合|配偶者は3分の2、親全員で3分の1
  • 配偶者と兄弟のみの場合|配偶者は4分の3、兄弟全員で4分の1(親がすでに他界している)

 

また、もし養子がいる場合は、実子と同じように相続権を持ちます。

再婚した妻の子には、相続権はありませんが、養子縁組をすれば相続権を持つことができます。

 

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売買に関する費用・税金
  3. 不動産売買で領収書に印紙を貼らなくて良いのは本当なのか
  4. マンション売却するときの費用|仲介手数料以外にもあります
  5. マンション売却の税金がかからないのはどんな時か?
  6. マンション売却時に火災保険はいつ解約手続きをする
  7. マンション売却の仲介手数料の相場は?
  8. 土地売却にかかる費用|仲介手数料以外に何がある
  9. 土地売却500万で売れた税金|不動産譲渡税の計算
  10. 土地の売却・売買には消費税はかかるのか!
  11. 仲介手数料無料には落とし穴があります
  12. 相続税はいくらから発生するのか
  13. 相続の基礎控除はいくらになる
  14. 相続権の割合|兄弟は?孫の場合は? *当記事
  15. 相続手続きの相談は司法書士と弁護士のどちらにすればいい
  16. 相続の遺留分について|割合・時効など 知っておくべき注意点
  17. 内縁の妻には相続権はない|遺言書を書いておくべき
  18. 空き家の相続には注意!特定認定されて放置すれば取り壊しになる
  19. 相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正
  20. 相続税についての国税庁報道と土地の相続について
  21. 相続税の計算では不動産評価は土地と建物で異なります
  22. 不動産取得税|相続で不動産を取得した場合にもかかるか

不動産を売却するか、あるいは他の手段を考えるか、を検討するには、まず不動産の価格を知ることは大事なことです。また、査定をしたからといいましても、売却へとすすめなければ不動産会社に迷惑をかけると考える必要はありません。不動産売却は無理におすすめできることではありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

査定のご相談はこちら