無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
会長ブログ相続関連

相続税の計算では不動産評価は土地と建物で異なります

会長ブログ

相続税の計算をするときに、現金等の金融資産は、その金額が計算の評価であり、基礎になります。

しかし、不動産については、いくらの価値があるのかが、現金等のように、金額が明確に決まっているものではありません。

そこで、相続税の計算をするときには、不動産の金額の評価をする際には、路線価と固定資産評価額を使って計算することになります。

 

相続税の計算するときの不動産評価基準は

相続財産の中に、不動産がある場合、その価値を調べることが必要です。

つまり、評価を知るということです。

 

相続税の計算における不動産の評価方法

不動産の土地や建物を売買するときには、売買価格がありますが、相続税の計算をする際の価額は、売買価格とは異なります。

不動産の相続税を計算する際の基礎となるのは、相続税路線価と固定資産税評価額です。

一般的に、売買される売買価格よりも安い金額になります。

 

土地の評価方法

都市部や住宅街の道路には、路線価が設定されています。

路線価については、国税庁の路線価図面で確認することができます。

対象となる土地が接している路線価に表示されている数値に、面積(平方メートル)を掛け算すると、土地の評価額を算出することができます。

 

また、路線価が設定されていない、郊外の土地の評価を算出するときには、倍率方式を使います。

路線価図のサイト(上記リンクから参照)に掲載されている、倍率表で倍率の数値を確認します。

ですので、対象となる土地に接する道路に、路線価の設定がない場合は、固定資産税評価額に、倍率表で確認した数値を掛け算し、土地の評価額を算出します。

 

建物の評価方法

建物について相続税に使う評価額は、固定資産税評価額に、1.0を掛け算し算出します。

つまり、固定資産税評価額が、相続税を計算する基礎となる評価額になります。

 

相続税の計算をする不動産評価額|マンションの土地の場合

分譲マンションの場合、土地は所有者全員で、共有しています。

敷地全体の評価額を、路線価と総面積から算出した後で、共有持分の数値から計算します。

共有持分は、敷地権が設定されているマンションの場合は、敷地権割合が共有持分になります。

敷地権割合が不明の場合は、マンション全体の総専有面積に対して、自分のマンションの専有面積割合を計算します。

敷地全体の評価額に、面積割合を掛け算をすると、マンションの場合の土地の評価額が計算できます。

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売買に関する費用・税金
  3. 不動産売買で領収書に印紙を貼らなくて良いのは本当なのか
  4. マンション売却するときの費用|仲介手数料以外にもあります
  5. マンション売却の税金がかからないのはどんな時か?
  6. マンション売却時に火災保険はいつ解約手続きをする
  7. マンション売却の仲介手数料の相場は?
  8. 土地売却にかかる費用|仲介手数料以外に何がある
  9. 土地売却500万で売れたら税金はいくらかかる
  10. 土地の売却・売買には消費税はかかるのか!
  11. 仲介手数料無料には落とし穴があります
  12. 相続税はいくらから発生するのか
  13. 相続の基礎控除はいくらになる
  14. 相続の遺留分について|割合・時効など 知っておくべき注意点
  15. 内縁の妻には相続権はない|遺言書を書いておくべき
  16. 空き家の相続には注意!特定認定されて放置すれば取り壊しになる
  17. 相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正
  18. 相続税についての国税庁報道と土地の相続について
  19. 相続税の計算では不動産評価は土地と建物で異なります
  20. 不動産取得税|相続で不動産を取得した場合にもかかるか *当記事
売却に関するご相談はこちらへ
査定のご依頼、および売却に関してのご相談などありましたら、遠慮なくお声がけください。(遠隔地の場合、直接サポートができない場合もありますが、メールで回答させていただきます)
不動産売却のセンチュリー21アルクホーム
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました