無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
会長ブログ

マンション売却時にクリーニングは必要か?理由は?

会長ブログ

マンション売却時には、クリーニングをした方が良いです。

このクリーニングとは、マンションを売却して、買主に引き渡す際のクリーニングです。

なお、それは売却の手順として決められたものではありません。

円満な売却として完了させるためのものです。

 

マンション売却時にクリーニングは必要か?した方が良い理由は?

マンション売却の流れで、最も重要な場面の一つは、最後の「引き渡し」です。

マンションの代金の受け渡し(=決済)は、もちろん大事ですが、買主にとってマンションの引き渡しは、最重要です。

その場面がスムーズに完了しないと、買主との関係性がこじれて、なかなか大変なことになります。

 

買主は引渡しの際に初めて物件の全容を見ることになる

中古マンションの売買では、居住中での販売は珍しいことではありません。

むしろ、多い方かもしれません。

マンションの購入を決めるまでの見学も、せいぜい2回ほどが一般的です。

つまり、家財道具がなくなった後の壁や床の状態を、買主は知らずに契約をすることになります。

全容を確認出来るのは、買主と売主の売買契約が完了して、買主のローン手続きが完了し、売主が転居した後、ということです。

家財道具を移動した後には、売主自身さえ覚えていないような汚れや傷が現れることもあります。

最悪の場合、売買契約の解除もあり得ます。

 

 

マンション売却時のクリーニングをすることで関係性を良くする

一般的に、売買契約書では、「現状渡し」「中古物件のため経年による傷汚れがある」等が記載されています。

しかし、実際には個人的感情があります。

ですので、売主は自分の退去後にクリーニングをすることで、想定外の物件の状態があったとしても、関係性を良好に保つ効果があります。

売主の中には、自分自身でクリーニングをする人もいますが、効果的なのは、業者に依頼して、クリーニングをしてもらうことです。

お金をかけて、プロのクリーニングをすることが有効なのです。

実際の金額は、間取りと面積によって、異なりますが、数万円です。

 

円満に引き渡しを完了させるための経費としては、非常に少ない金額で、効果はとても大きいものです。

不動産会社によっては、クリーニングをすべきとアドバイスをしてくれます。

是非、引渡しの前に、クリーニングをするようお勧めします。

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売却関連
  3. 不動産を売却する時に必要な書類
  4. 2021年の不動産売却の売り時!売れ筋の裏側から考えると分かる
  5. 不動産の売却理由の現実|買主の想像とは違います
  6. 不動産査定を一括査定から始める注意点と流れ
  7. 貸していたマンション・戸建てを売却する時に想定外のことが
  8. 不動産売却でチラシを使うのは古いし効果的ではない|今はネット広告
  9. 持ち家・持ちマンションが売れない理由|どうすればいいのか
  10. 不動産会社の営業が訪問査定で物件の何を見ていると思いますか
  11. 不動産売却で少しでも高く売れるために売主が出来ること
  12. マンション売却の良いタイミング=売り時は?何に注意すればいい
  13. マンション売却時にクリーニングは必要なのか *当記事
  14. マンション売却するときリフォームは必要か?
  15. マンション売却にかかる期間は平均どの位か?
  16. マンション売却で売れない場合の原因と対策
  17. マンション売却の翌年に確定申告!減価償却が必要
  18. マンションを売却するか賃貸に出すか?賃貸には実はリスクが!
  19. マンション売却の確定申告|必要書類
  20. マンション売却の相場価格|基本は築年数
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました