まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622

住宅ローンあるが売却したい!でも売却見込額がローンより低い

夢を持って家を買ったが、想定の出来事で、住宅ローンを払っていくのが大変!

例を挙げれば、2020年に発生した新型コロナが原因となる給料減や退職がそうです。

事実、「コロナ解雇」という言葉があるほど、厳しい状況が続いています。

 

住宅ローンあるが売却したい!でも売却見込額がローンより低い

既に、テレワークが継続され、居住する場所を都心部から郊外へ引っ越すという動きが、日本に限らず、世界的に発生しています。

その場合、次の住まいが賃貸であっても、中古を購入するという場合であっても、住宅費は二重になりますので、住んでいた家は売却するのがおすすめです。

 

売却をする場合、少なくとも住宅ローンの残高よりも高く売りたいものですが、現実には、ローン残価を下回るケースは多いです。

特に、築後10年以内の物件については、ローン残高が減少するスピードよりも、売却査定価格が下がる場合が多いです。

今後も人気が高いと評価される場所の場合は、査定価格は下がりにくいものですが、2020年からのコロナ禍では、すでに不動産の市況価格は値下がり方向に向いています。

この状況下では、これまでの人気エリアにあった物件であっても、中古売買状況は厳しいと言わざるを得ません。

 

 

不動産を売却する際に、売却額がローン残高を下回る場合の方法は2つ

ローン残高を下回る場合の対処としては、方法は2つです。

一つは、ローン残高を下回る部分について、手元資金から現金で出すということです。

もう一つは、任意売却です。

 

任意売却

任意売却は、事前に金融機関と相談の上、売却後の差額分を毎月払いとして返済していくことを、金融機関に認めてもらう方法です。

金融機関に相談をする時点で、ローンの未払いが始まっている場合が多く、そのまま進んでしまえば、競売になってしまうリスクを考えますと、任意売却の場合、個人情報が公表されることもありませんので、良い方法です。

 

競売に進んでしまうと、その後の日常生活の中で、新しくローンを申し込む場合は、障害になります。

競売になれば、名前も公表されますし、職業によっては、退職せざるを得ないこともあり得ます。

ですので、任意売却自体は、金融機関との話し合いにより、了解が得られなければ、受けてもらえませんが、リスクのない方法として、提案させて頂きます。

 

 

 

関連記事

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|住宅ローン関連
  3. 不動産売却時の確定申告と住宅ローン控除の確定申告期限は異なります
  4. 住宅ローンあるけど引っ越したい時に注意すること
  5. コロナ禍で住宅ローンの返済が厳しくなった|任意売却という選択
  6. 住宅ローンあるが売却したい!でも売却見込額がローンより低い *当記事

不動産を売却するか、あるいは他の手段を考えるか、を検討するには、まず不動産の価格を知ることは大事なことです。また、査定をしたからといいましても、売却へとすすめなければ不動産会社に迷惑をかけると考える必要はありません。不動産売却は無理におすすめできることではありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

査定のご相談はこちら