まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622

マンション売却の内覧|コツを知らないと大変

マンション売却で、転居前に販売活動を始めるとき、当然ですが居住中に内覧者が来ます。

コツを知っておく方が売却も進みやすくなります。

逆に、良かれと思ってしたことが、裏目に出るという大変な場合もあります。

売却をするかもしれないとお考えなら、知っておいて損はありません。

 

マンション売却の内覧|コツを知らないと大変

マンション売却には、転居後に販売開始する場合と、転居前に居住中で販売する場合があります。

転居後に販売開始する場合は、鍵を不動会社に預けておくことで、いちいち内覧者の対応をすることはありません。

不動産会社も、内覧者の急な見学希望にも対応可能になりますので、販売しやすい状況となります。

結果、早く売れる可能性は高くなります。

 

一方、転居が決まっていない段階での販売開始では、居住中に、内覧者に家の中を見てもらって購入検討を進めてもらうことになります。

スムーズに売却を進めるには、マンション売却する人は、内覧時のコツを知っておいた方が良いです。

 

マンション売却の内覧時のコツ

居住中の内覧は、例えれば、お店に商品を見に行って購入するかどうかを決める行動です。

ですので、内覧者が検討しやすいように対応してあげることが有効ですし、コツとも言えます。

 

内覧時のコツ|掃除

居住中の内覧は、その時点では、他人の家の中をのぞくような感じがして、内覧者も緊張しています。

もちろん、売主側も緊張していると思います。

ここで、最初のコツです。

家の中の状態は、できるだけ良い状態で見せる方が、成約の可能性がアップしますので、「掃除」はできるだけしておいた方がいいです。

ただし、内覧者は、売主がどんなふうに住んでいるのかを見に来るわけではありませんし、お掃除チェックをするわけではありません。

ですが、逆の立場で考えれば、わかるように、散らかっているよりも、綺麗に整理されている方が、印象が良いです。

特に中古マンションの場合、第一印象はとても重要です。

第一印象が悪いと、たとえどんなに高性能の先進型マンションであっても、内覧者が気にいる可能性はとても低いです。

 

内覧時のコツ|内覧者への応対

売主の中には、買ってもらいたい意識が強すぎる場合があります。

時には、営業マン以上に、積極的に内覧者にセールスポイントのアピールをする方がいます。

これは、やめた方が良いことです。

内覧者が営業に答えることと、売主の説明に応えることには、違いがあります。

社交辞令的な会話からは、マンション購入に至るような、コミュニケーションに展開することはありません。

また、売主の積極的アピールは、営業マンの商談を邪魔してしまう可能性もあります。

 

もっとも理想的なのは、内覧者や営業から尋ねられた時にだけ、応えるという対応です。

内覧者は、売主に実際の生活でのランニングコストなど、聞きたいことがある場合があります。

そういうこと以外に、積極的に、あれこれと売主がセールスポイントをアピールをするのは、百害あって一利なし、です。

営業から事前に話して欲しいことを伝えられた場合以外には、売主は話しをしすぎない方が良いです。

 

内覧時のコツ|内覧者は収納などの扉を全部開いてみたい

居住中の内覧の場合、クロゼットや収納の中には、衣類や荷物が入っている状態になります。

内覧者にとっては、収納スペースのサイズ感は大事なポイントです。

決して、売主の生活や衣類などに関心を持っているわけではありません。

どのくらいの大きさがあるのか、使いやすいのか、などを判断したくて、扉を開くのです。

ですので、収納や全ての部屋のドアや扉が開かれて、内部をみられることを承知することです。

 

内覧時のコツ|長時間や同じ内覧者の再内覧

内覧者が物件を気に入っているのか、どうかは、内覧終了までの時間でわかります。

自分の住まいとして、気に入って、何度も同じ部屋を見たり、扉を開いたりするほど、マンション売却の成約率は高くなります。

あるいは、1週間後に同じ内覧者がもう一度見たいということもあります。

これらの行動は、内覧者にとっての最後のリストに残ったという状況にあると理解してください。

内覧者の性格にもよりますが、一般的な内覧で、あまり気に入っていない場合だと、内覧時間は、ほんの数分です。

それが、内覧時間が10分・20分と長くなるようだと、また2度目の内覧は、購入の可能性はかなり高いと言えます。

 

内覧時のコツ|内覧日時は可能な限り内覧者の都合に合わせる

内覧者の内覧日時は、実にバラバラです。

世の中で働く人々の休日は、様々です。

あるいは、人によっては、仕事が終わった時間帯に見学したいという内覧者もいます。

あくまでも、可能な限りではありますが、内覧者の都合に合わせることです。

内覧は、平均5〜6回で成約する場合が多いです。(残念ながらマンションの状態が悪い場合は、10回以上かかる場合もあります。)

ですので、5〜6組の案内が早く出来る方が、成約までの期間も短くなりますので、協力をされるようお勧めします。

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売却関連
  3. マンション売却について|知っておくべきこと
  4. マンション購入後に諸事情で賃貸したマンションを売却する時の注意
  5. 【2021年】マンション売却のタイミング=売れる時期・売り時は?
  6. マンション売却時のハウスクリーニングには2つの理由
  7. マンション売却するときリフォームは必要か?
  8. マンション売却にかかる期間は平均どの位か?
  9. マンション売却で売れない場合の原因と対策
  10. マンション売却の翌年に確定申告!減価償却が必要
  11. マンションを売却するか賃貸に出すか?賃貸には実はリスクが!
  12. マンション売却の確定申告|必要書類
  13. マンション売却の相場価格|基本は築年数
  14. マンション売却|契約から決済引渡までの流れ(ローン残ある場合)
  15. マンション売却した年の固定資産税は買主売主のどちらが払うのか?
  16. マンション売却|内覧が来ない原因は?件数はどのくらいあれば?
  17. マンション売却には複数の”割合”があります|2%の法則
  18. マンション売却の諸費用を確認
  19. マンション売却の売り時は築年数が何年か?
  20. マンション売却の内覧|コツを知らないと大変
  21. マンション売却の11の手続き|流れがわかると安心
  22. マンション売却を成功させたい!売主ができる高く売れる10の方法・2021年

不動産を売却するか、あるいは他の手段を考えるか、を検討するには、まず不動産の価格を知ることは大事なことです。また、査定をしたからといいましても、売却へとすすめなければ不動産会社に迷惑をかけると考える必要はありません。不動産売却は無理におすすめできることではありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

査定のご相談はこちら