無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
不動産売却について会長ブログ

マンション売却について|知っておくべきこと

不動産売却について

マンション売却について、知っておくべきことを紹介します。

詳しくは、本文下のリンクからご覧ください。

 

マンション売却の良いタイミング

マンション売却で取引条件が良くなるタイミングについて解説します。

2021年以降のマンション売却について、タイミングを考えますと、今後マンション価格の下落が予想される要素が多いことから、基本的には「早めのタイミング」をおすすめします。

不動産会社からの、ビジネスメリットを考えた上での意見と捉えてしまうかもしれませんが、専門家の意見として参考にしていただければと思います。

本来は、社会の経済市況が良い時には、株価も上がり、土地価格も上昇していく中で、マンション売却が高く取引されるものです。

2021年の株価は、コロナ禍で、多くの会社が売上減少・利益減少の中で、高い株価を示しています。

これは本来あり得ないことで、明らかに政治的な意思が働いていると推測できます。

それよりも、マンション価格は、過去10年以上、上昇を続けてきたことを考えると、今後はさまざまな経済指標が落ち着くまでマンション価格は下落を続ける可能性があります。

<詳しくは本文下のリンクからご参照ください>

 

マンション売却時にクリーニングは必要か

円満なマンション引渡の為に行うべき事の一つに、引渡前のクリーニングがあります。

中古マンションの場合、経年の傷や汚れがあるのが通常です。

買主もそれは理解しています。

しかし、特に居住中の売却等の場合、買主は購入を決めるまでに、1度か2度の内覧シカしていないケースがほとんどです。

中古マンションであることを理解していたとしても、引渡時に初めて目にする傷や汚れの数や状態があると、引渡後の売主買主の関係性は微妙なものになってしまいます。

些細な物事でも、補修工事のクレームがつくこともあります。

引渡時に、売主の自己負担で業者によるハウスクリーニングを行って、引き渡す場合、そこに買主は、売主の誠意を感じて、傷や汚れについてはある程度目をつぶってくれることが、少なくありません。

つまりハウスクリーニングは、引渡後の関係性を良好にしておくために、しておくと良いことです。

<詳しくは、本文下のリンクから>

 

マンション売却するときリフォームは必要か?

売却するときには、リフォームをした方が良いのか。

リフォームをした方が高く売れるのか。

リフォームをした方が早く売れるのか。

結論からいえば、リフォームをすることで、早めに売れたり、高く売れたりすることは、確かにあります。

中古マンションの中には、不動産会社が売主となって、フルリフォーム済みのマンションを販売しているのを見たことがあると思います。

そのことからも、明らかです。

ただし、すべての物件について、必ずしもそうとも言い切れない場合があります。

買取再販売を専門としている会社でも、10〜20%の物件では、想定していた価格では売れずに、失敗していることがあります。

リフォームをした方が良いのか、どうかは、不動産会社に相談してみることです。

<詳しくは本文下のリンクから>

 

マンション売却にかかる期間は平均どの位か?

早く売れるのは、良いことではありますが、早すぎるのは、価格が安すぎた可能性があります。

逆に時間がかかるほど、売れ残りイメージが定着してしまい、さらに売れにくくなり、やっとついた見込みの買主から、大きな金額値引き希望があったりなどしてしまいます。

ですので、マンション売却にかかるちょうど良い期間というものがあります。

結論から言えば、専門家の立場から考えますと、3〜4ヶ月で売却が完了するのが、マンション売却期間の成功の目安です。

このくらいの期間で成約していることが、ギリギリの価格で売却できたとわかる目安です。

<詳しくは本文下のリンクから>

 

 

マンション売却で売れない場合の原因と対策

マンション売却が計画通りに進まない時には、必ず原因があります。

原因で考えられることは、価格、物件の状態、エリアの市況、販売活動、買主が見たい時に見せられていない、などのことが考えられます。

必ず、原因があります。

原因が分からずに、闇雲に業者を変えたり、価格を下げても、取引が成功しないこともあります。

<詳しくは本文下のリンクから>

 

マンション売却の翌年に確定申告!減価償却が必要

マンションの売却が完了しましたら、翌年には確定申告が必要です。

マンションを売却して得たお金を、譲渡所得と言います。

譲渡所得がプラスであれば、確定申告をして、所得税と住民税を納める必要があります。

申告と納税時期は、基本的に同じですので、ご注意ください。

時期が異なるのは、住民税だけです。

 

マンションを売却するか賃貸に出すか?賃貸には実はリスクが!

急に転勤が決まったり、などすると、売却した方が良いかどうかの判断がつかずに、「とりあえず賃貸に出す」という方法を取る方がいます。

しかし、一旦貸してしまうと、いくつかのデメリットやリスクがあります。

賃貸に出すこと自体は、悪いことではありませんが、リスクやデメリットを知らずに、賃貸に出すと、のちに大きな損失になります。

<詳しくは本文下のリンクから>

 

マンション売却の確定申告|必要書類

マンション売却の翌年に行う確定申告をする際には、用意しておく必要のある書類が複数あります。

税務署(あるいはホームページ)で受け取るもの、自分の手元にあるもの、役所に出向いて受け取るものなどです。

確定申告の期間は、決まっており、遅れるとまずいので、早めに準備することをおすすめします。

<詳しくは本文下のリンク>

 

マンション売却の相場価格|基本は築年数

マンション売却の価格を考える場合には、いくつかの要素があります。

しかし、築年数によっての相場価格という考え方が基本にあります。

社会的背景による市況や、地域の需要供給のバランスなどによって、最終的に売買される流通価格が決まりますが、まず基本となるのは、物件の築年数による価格です。

本編の記事では、築10年と築20年のシミュレーションを紹介しています。

<詳しくは本文下のリンクから>

 

 

詳しくはこちらから

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売却関連
  3. マンション売却について|知っておくべきこと *当記事
  4. マンション購入後に諸事情で賃貸したマンションを売却する時の注意
  5. 【2021年】マンション売却のタイミング=売れる時期・売り時は?
  6. マンション売却時のハウスクリーニングには2つの理由
  7. マンション売却するときリフォームは必要か?
  8. マンション売却にかかる期間は平均どの位か?
  9. マンション売却で売れない場合の原因と対策
  10. マンション売却の翌年に確定申告!減価償却が必要
  11. マンションを売却するか賃貸に出すか?賃貸には実はリスクが!
  12. マンション売却の確定申告|必要書類
  13. マンション売却の相場価格|基本は築年数
  14. マンション売却|契約から決済引渡までの流れ(ローン残ある場合)
  15. マンション売却した年の固定資産税は買主売主のどちらが払うのか?
  16. マンション売却|内覧が来ない原因は?件数はどのくらいあれば?
  17. マンション売却には複数の”割合”があります|2%の法則
  18. マンション売却の諸費用を確認
  19. マンション売却の売り時は築年数が何年か?
  20. マンション売却の内覧|コツを知らないと大変
  21. マンション売却の11の手続き|流れがわかると安心
  22. マンション売却を成功させたい!売主ができる高く売れる10の方法・2021年
  23. 不動産売却|知っておくべきこと
売却に関するご相談はこちらへ
査定のご依頼、および売却に関してのご相談などありましたら、遠慮なくお声がけください。(遠隔地の場合、直接サポートができない場合もありますが、メールで回答させていただきます)
不動産売却のセンチュリー21アルクホーム
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました