無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
会長ブログ

マンション売却の仲介手数料の相場は?

会長ブログ

マンションの売却時に、宅建業者である不動産会社に、仲介手数料を売買契約の成立の報酬として支払うことになります。

では、その仲介手数料はいくらなのか?

相場があるのか?

解説してまいります。

 

マンション売却の仲介手数料の相場

マンションを含めて、不動産売却の仲介手数料について解説します。

不動産の仲介手数料については、不動産会社の意向で自由に決められるものではありません。

宅地建物取引業法=宅建業法という法律で、仲介手数料については、報酬額として決められています。

 

宅建業法では、宅地建物の売買取引が売買契約として成立した際に、宅建業者である不動産会社が受け取ることができる報酬額の上限を決めています。

物件価格が400万円超の場合、仲介手数料の上限額は、物件価格の3%に6万円を加えた金額と定められています。(400万円以下の場合は、4%・5%という率が適用されます)

宅建業法では、上限額だけが決められています。

つまり、下限額は決められていません。

実際の仲介手数料の相場は、売買価格の3%+6万円です。

 

マンション売却手数料が無料ってどういうことか

時に、不動産会社の広告で、仲介手数料を無料にするというものがあります。

しかし、実は仲介手数料が無料ということは、非常にリスキーでもあります。

目の前のお金のことを考えると、数10万円か、あるいは100万円以上の手数料があるかないかは、大きなことです。

しかし、考えてみるとわかると思います。

仲介手数料は、仲介業を行う不動産会社にとって、唯一の売り上げです。

その売り上げがないということは、契約に関連する責任もないということになります。

万が一、何かのトラブルがあったとしても、責任を持ってもらえない可能性があるということです。

 

あるいは、売買契約すら相手方に有利な契約内容になっている可能性もあります。

専門家ではない一般ユーザーには、契約内容がどちらに有利か不利かは、わからないでしょう。

不動産会社は、受領する仲介手数料によって、何か万が一のトラブルがあった際には、責任を果たしてくれるのです。

ですので、仲介手数料を割引ということなら、まだ良いかもしれませんが、仲介料無料という契約は、非常にリスキーなのです。

また、仲介手数料を無料を宣伝文句にしている会社は、業界経験が少ない創業したばかりの可能性もあります。

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売買に関する費用・税金
  3. 不動産売買で領収書に印紙を貼らなくて良いのは本当なのか
  4. マンション売却するときの費用|仲介手数料以外にもあります
  5. マンション売却の税金がかからないのはどんな時か?
  6. マンション売却時に火災保険はいつ解約手続きをする
  7. 土地売却にかかる費用|仲介手数料以外に何がある
  8. 土地売却500万で売れたら税金はいくらかかる
  9. 土地の売却・売買には消費税はかかるのか!
  10. 仲介手数料無料には落とし穴があります
  11. マンション売却の仲介手数料の相場は? *当記事
  12. 相続税はいくらから発生するのか
  13. 相続の基礎控除はいくらになる
  14. 相続の遺留分について|割合・時効など 知っておくべき注意点
  15. 内縁の妻には相続権はない|遺言書を書いておくべき
  16. 相続進まず・共有者不明で売却できないケースが解消|法改正
  17. 相続税についての国税庁報道と土地の相続について
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました