無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
不動産売却について会長ブログ

不動産の一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定の落とし穴不動産売却について

不動産売却を考えるときに、インターネットの一括査定は、とても便利なサービスです。

物件を見てない査定ですから、本当の不動産売却査定ではないのですが、大まかな目安を知る手がかりにはなります。

あくまでも目安です。

ここをよく覚えておかないと、それは後日落とし穴になってしまいます。

 

不動産の一括査定サイトのデメリット

何にでも言えることかもしれませんが、非常に便利なグッズやサービスも使い方を間違えると、毒になってしまうことがあります。

残念ながら、不動産の一括査定にも、その傾向があります。

 

不動産の一括査定サイトの仕組み

そもそも一括査定とは、ネット上にある無料のサービスです。

ホームページ上に用意されている入力フォームに従って入力をしていくと、一度の申し込みで、複数の不動産会社の価格を知ることができるというものです。

しかし、その一括査定サイトを運営しているのは、不動産会社ではないことをご存知でしょうか。

宅建業の免許も、当然ながら持っていません。

また、運営している会社には、査定のノウハウはありません。

中には、「一括査定で、一番高い会社に売却依頼をしたら、何百万円も高く売れた」と、露骨に表示して煽っているサイトもあります。

しかし、当然ながら、買う人が存在するので、相場価格よりも、以上に高い価格で売り出せば、買主にも、高すぎることは分かるのです。

 

売主が一括査定を利用するメリットはあるが

ただ、一括査定を全く利用しないというよりは、一度は一括査定に申し込んでみることは、良いと思います。

不動産会社1社だけの査定を聞いて、売却をするのは、それはそれでリスクがあるからです。

その会社の見立て違いということが起きないとは、言えません。

また、5社程度の査定価格は、聞いてみたいと考えるときに、それぞれに依頼をするのは、あまり合理的ではありません。

1度の依頼で済む、ということについては、メリットがあると思います。

 

不動産の一括査定のデメリット

1度の依頼で、例えば、5社の査定価格を知ることができることは、確かにメリットです。

しかし、考えてみると分かることですが、不動産は一般的に、人生の中で最も高額な商品のはずです。例えば、車や貴金属・美術品でさえ、実物を見て査定をします。

 

テレビ番組でもありますが、査定人が傷・汚れの程度をみて、「その傷が無ければ、何10万円、何100万円の違いがあります。」と鑑定されているシーンを見たことはないでしょうか?

不動産は、車や貴金属・美術品よりもはるかに高額な商品です。実際に、個別の内装や設備の状態で、何100万円も違う場合が起きています。車や貴金属・美術品などのことを想像するとお分かりになると思います。

 

そのような状況の中で、不動産一括査定のデメリットともいうべきことがあります。

  1. たくさんの不動産会社から電話がかかってくる
  2. 不動産会社同士で、査定価格の競争状態が発生して、高すぎて売れない価格まで出てきてしまう。(高い価格の方を選ぶユーザーさんが多いからです)
  3. デメリットとは少し違いますが、個人情報なので、匿名の方には伝えることはできないし、原則当事者にしか伝えられない。

詳しく掘り下げます。

 

不動産一括査定サイトに申し込むとまず電話が複数かかってきます

一括査定サイトに申し込み(登録)すると、そのサイトに参加している不動産会社各社から電話があります。

査定依頼の物件情報を確認する意味があります。結構間違い入力されている事例があるからです。簡易査定とは言いましても、必要な情報が未入力であったり、間違いがあると、確認の電話があります。

また、売却の時期を何時ごろに考えているのかも、売却査定に関係しますので、考えを伺おうと電話をするのです。

 

ここで、査定依頼で、情報の登録をした人は、同じ内容を聞く電話が3件4件と重なってくると、うんざりされるようですが、残念ながらそれらの会社は、入力する時に表示されている会社です。

中には、同じ話を聞かれるので、怒ってしまうユーザーもいるようですが、依頼をしているのは、ユーザーの方なので、不動産会社は困惑します。

サイトによって、入力フォームの形態は違いがありますが、一つの情報入力で、2社にするのか、5社にするのかを、決めているのはユーザーなのです。

ですので、入力画面で、選んだ会社の数だけ電話がかかってくることを覚えておかれることです。

不動産一括査定サイトのサービスは、登録する側は無料のサービスですが、不動産会社側ではお金が発生しています。

有料ですので、一生懸命に、電話をかけてくるのです。

 

不動産一括査定で査定価格の比較をするには良さそうだがあり得ない(売れない)価格になることも

ネットで、一括査定を見つけたときに、前述したように、「ネットの一括査定で、一番高い会社に頼んで、高く売れてよかった」を信用しすぎる人が多いために、一括査定では、不動産会社は競争しようとします。

各社が競走した結果、ある意味、あり得ない価格にまで、上昇してしまうことがあります。あり得ない価格とは、相場から外れた価格です。ですから、当然、簡単には売れないのです。

売り出したあとは、値下げしていくしかない、という可能性があります。しかも、そういった状況になるのは、意外に大手の方が多いです。原因は、大手の方が、営業社員へのノルマのプレシャーが強いためです。

 

不動産一括査定サイトに登録するのは匿名ではできないのか

匿名で不動産の査定をしてくれる会社はないのか、と考えているユーザーさんはいると思います。

しかし、よく考えてみるとお分かりだと思います。不動産の価格は、かなり重要な個人情報です。不動産会社は、専門家として、査定価格の提示をしますので、しっかり調べてきちんとした価格を所有者の方にお伝えをするわけです。

しかし、実は世の中には、さまざまな理由で価格を知りたいと考える人がいます。

相続権のない親族の場合もありますし、ご主人に内緒で奥さんが知りたい場合もありますし、隣の人が知りたいという場合もあります。また、販売している価格が妥当なのかを知りたいと考える購入検討者までいます。

不動産会社の立場としては、お金に関する個人情報ですので、基本的には、所有者本人以外に知らせるのは、相続以外にはありません。

ですので、匿名であれば、どんな関係性の方なのか、不明ですので、お伝えすることはできないのです。

 

不動産一括査定のデメリットが発生する原因

あり得ない査定価格が出てきてしまう原因は、ネット査定で4〜5社、多い場合だと10社ほどの不動産会社が競合していることにあります。

ネットで、一括査定を見つけたときに、前述したように、「ネットの一括査定で、一番高い会社に頼んで、高く売れてよかった」を信用しすぎる人が多いために、一括査定では、不動産会社は競争しようとします。

これがもし不動産会社が直接買い取るということであれば、この場面で提示された価格は、責任のある価格となり、その価格が覆ることはありません。

それは、買取の場合です。

 

しかし、一括査定の場合、買主は別にいて、不動産会社は、仲介をする立場です。

その人に対して、売買仲介で売れる可能性がある価格や、売れるかもしれない価格を提示することになります。

買取とは違って、その金額を保証するというものではありません。

その結果、不動産会社の間では、「入札」のような状況が起きることがあります。

入札のような状況になると、もはや買主が検討する可能性ある価格を飛び越えてしまうことがあります。

 

不動産一括査定をうまく利用するおすすめの考え方

一括査定を利用すると、高く売れるということはありません。

一括査定を利用すると、1度の申し込みで、複数の会社から、査定価格を教えてもらえることがメリットであり、一括査定の方が高く売れることはありません。

ただ、うまく利用すれば、売却の失敗を防止できる可能性があります。

不動産売却は、人生で1度か2度しかない出来事です。

ですので、税制や法律の改正があった場合などの知識を各社から教えてもらえるということもメリットでしょう。

また、一括査定サイトを利用するときは、いくつものサイトに入力してしまうと、それぞれのサイトごとに5〜6社の不動産会社から、連絡があり、応対するのに、とても大変になります。

ですので、うまく利用するには、一括査定サイトは、1つで十分でしょう。

 

相場より高く売れるには条件があります

買主は、ネット情報を非常にたくさん見ています。

ですので、高すぎる物件価格には、早く気づきます。

売却を成功させたいと、考えるならば、不動産市況をよく理解している会社・担当者を選ぶことです。

いわゆるマーケットです。

マーケットを理解していないと、高すぎる価格になってしまったり、早すぎる販売で、数10万円・数100万円を損することもあり得るからです。

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売却関連
  3. 不動産売却|知っておくべきこと
  4. 不動産を売却する時に必要な書類
  5. 2021年の不動産売却の売り時!売れ筋の裏側から考えると分かる
  6. 不動産売却でチラシを使うのは古いし効果的ではない|今はネット広告
  7. 不動産査定のAI化のメリットとデメリット
  8. 不動産会社の営業が訪問査定で物件の何を見ていると思いますか
  9. 不動産売却で少しでも高く売れるために売主が出来ること
  10. 不動産を売却した翌年の税金はいつ払う
  11. 不動産売却の一括査定|やってみたら分かるメリットとデメリット
  12. 不動産売却の査定方法|今後はオンライン査定で訪問なしでも
  13. 不動産査定を一括査定から始める注意点と流れ
  14. 不動産の一括査定サイトのデメリット *当記事
  15. 売却の基本|一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の違い
  16. マンション査定は売却のための査定|訪問査定が必要な理由
売却に関するご相談はこちらへ
査定のご依頼、および売却に関してのご相談などありましたら、遠慮なくお声がけください。(遠隔地の場合、直接サポートができない場合もありますが、メールで回答させていただきます)
不動産売却のセンチュリー21アルクホーム
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました