無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
不動産売買についての知識情報会長ブログ

家の寿命は何年あるのか?何年まで住めるのか?

不動産売買についての知識情報

家の寿命が何年あるのか?

家を売却するときだけではなく、購入するとき、相続したときなど、何かの節目ごとにそんな気持ちになるかもしれません。

当記事では、長く住むためのコツや、売却する場合なら高く評価してもらうために家を良い状態に維持するためのコツについて、解説します。

 

家には構造によって耐用年数がある

そもそも、木造の一般的な住宅と、鉄筋コンクリートで出来ているマンションとでは、寿命が異なることは、容易にわかると思います。

建物の寿命が何年なのかは、構造によって異なるということです。

さらに、メンテナンスがされている状況なのか、メンテナンスをせずに使い続けているのかによっても寿命に違いが出てきます。

一般的に寿命と考えると、木造住宅で約30年〜40年、鉄筋コンクリートでは約50〜70年程でしょうか。

ただし、地域の環境も影響します。

ですので、基本的には、構造によって、寿命の目安が分かりますが、メンテナンスの状況や、日本のどの地域にある家なのかにもよるのです。

 

構造による耐用年数

耐用年数は、寿命とイコールではありません。

耐用年数は、国が決めている年数であり、財務省が指定しています。

耐用年数は、償却資産の評価に、用いるものです。

対して、寿命とは、人間の体と同じように、個人差があります。

ですので、ユーザーが知りたがる家の寿命は、客観性がありません。

そこで、不動産会社としては、耐用年数を寿命の代わりに使います。

 

耐用年数は、事業用と非事業の数値が指定されています。

非事業用の場合、事業用の1.5倍の数値が指定されています。

非事業用とは、個人の住居として、利用している場合です。

木造住宅は居住用の場合、33年です。

マンションの場合は、70年です。

 

寿命には個体差がある

前述したように、寿命には個体差があります。

構造だけではなく、メンテナンスをこれまでにどうしてきたか、建物のある地域の自然環境はどうなるのか、などの諸条件によって、寿命は異なります。

ですので、耐用年数よりも、長くなる場合と短くなる可能性があるということです。

厳しい自然環境の地域にある建物は、一般的に寿命は短いです。

 

寿命はメンテナンスによって伸びます

例えば、厳しい自然環境にある木造住宅でも、メンテナンスを定期的に行なっている場合は、寿命は長くなる可能性があります。

メンテナンスで重要なのは、本来は、内装や設備というよりも、構造部分(柱やはり)と配管関係と屋根部分です。

ですので、マンションの場合、重要となるメンテナンスは、共用部分にあたり、マンション全体の管理状況に左右されます。

長く良い状態を維持して、築年数にかかわらず、高く売却するためであったり、中古住宅として購入した場合に、その後長く住むためにも、メンテナンス、つまり建物の主要部分のリフォームが大事になります。

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売買についての知識情報
  3. 2015年に施行された「空き家対策特措法」のその後
  4. 2020年コロナ禍が深刻化!住宅ローン払えない急増
  5. 空き家問題は戸建てだけの問題ではなくマンションはゴーストタウン化
  6. 子供がいない夫婦の相続対策|遺言書は書いておくべきです
  7. コロナ禍で住宅ローンの返済が厳しくなった|任意売却という選択
  8. コロナ禍の中で完成済みマンション予想外の売れ行き
  9. 戸建の資産性|コロナ禍の影響で戸建を買う人増加!資産性としては?
  10. 新型コロナで確認されたテレワーク|都心物件・駅近物件は下落する
  11. 新型コロナの後には郊外物件が人気になる理由
  12. 相続登記が義務化されることをご存知ですか?
  13. 人気の超高層マンションは超高性能マンションとは言い切れない
  14. 土地を相続したら考えるべきは遺産分割協議
  15. 土地を買うなら選ぶ条件は?不動産会社がすすめるのは
  16. 土地の価格には4つの価格があることをご存知でしょうか。
  17. 働き方が変化している・住む場所が変わると不動産の評価も変わる
  18. 不動産価格が下落する原因は
  19. 不動産売却時の確定申告と住宅ローン控除の確定申告期限は異なります
  20. 2021年所得税の確定申告と納付について期限延長
  21. 不動産を個人間で売買は可能!しかし注意点とデメリット
  22. マンションが傾いた|原因は杭が支持地盤に届いてない|売却困難!
  23. 離婚する時に不動産はどうするか?
  24. 不動産の相続は早めに売却しないと争族に発展
  25. 家の寿命は何年あるのか?何年まで住めるのか? *当記事
売却に関するご相談はこちらへ
査定のご依頼、および売却に関してのご相談などありましたら、遠慮なくお声がけください。(遠隔地の場合、直接サポートができない場合もありますが、メールで回答させていただきます)
不動産売却のセンチュリー21アルクホーム
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました