無料査定のご相談はお気軽に ➿️0120−288−622 |メールでのお問合せはこちらから
不動産売却について会長ブログ

不動産の一括査定|デメリットとおすすめ

不動産売却について

不動産の一括査定サイトを利用した経験はありますか?

当記事では、不動産会社がおすすめする一括査定サイトとデメリットについてお知らせいたします。

査定サイトはたくさんありますが、査定サイト運営会社による広告の仕方など、誤解をさせるものも少なくないので、ご参考ください。

 

不動産一括査定|やってみたら分かるデメリット他・紹介

売却の査定を依頼する方法はいくつかありますが、現在のようなネット時代においては、一括査定が最も手軽でやりやすい気がします。

簡単に分かるのであれば、ネットで、一括査定を依頼するのが良さそうです。

当ページでは実際にやってみると分かる一括査定のメリットとでメリットについて、解説します。

 

不動産の一括査定|やってみたら分かるデメリット

不動産の一括査定は、ユーザーは、無料だが、不動産会社側には、情報量として支払う金が発生している。だから、電話連絡や、めーる

あくまでも一般論としての相場価格しかわからないので、実際に見てもらって査定してもらった時の査定額が大きく下がる可能性がある。

机上査定は参考価格なので、自分の物件の査定額にはならない。車などと同じように、傷や汚れなどの状態が悪ければ、まるで異なる価格になるリスクがある

不動産会社は、机上査定とは言っても、なるべく正しい価格を出そうとするため、物件の状態に関する情報を聞き取りしようと、電話やメールが来る。対応しないと、何度でも電話とメールが来る。

査定サイトで何社を選択したのかにもよりますが、一般的には5社ほどに、査定依頼の情報配信がされます。5社ほどに対応をしないといけないことになる。もし、サイト2つで依頼をすると、合計10社ほどからのアプローチを受けることになる。

最大のデメリットは、提案される価格に信頼性がないことです。不動産会社は、自社を選んでもらうために、高い価格を提案します。時には、相場価格からかけ離れた価格が提案され、不動産会社同士の競争となり、その結果売れそうにない価格で媒介契約(売却依頼)を締結し、半年〜1年売れずに困っている事例はたくさんある。

 

不動産一括査定サイトを紹介とおすすめサイトの紹介

2021年5月において、一括査定サイト数は、非常に増加しています。過去10数社の利用をした結果、複数あるサイトから、主要な査定サイトとおすすめサイトについて紹介します。

1)HOME4U|NTTデータスマートスマートスマートスマートソーングが運営。一般的査定サイトと同様に、3社ほどから依頼先をえらび、机上査定をします。
2)SUUMO|CMでもよく知られているSUUMOの売却。元々は、購入物件と賃貸物件を探すだけのサイトでした。参加している不動産会社の数は、トップクラス。同時査定可能以来10社とかなり多いので、不動産会社同士の競争が起こりやすいので、売れない価格まで引き上がることもあるので注意。
3)マンションナビ|名前はマンションナビとあるが、戸建と土地の売却査定も可能。特徴的なのは、マンションの場合、個別情報を入力しなくとも、画面上で査定価格を知ることができ、おすすめできるサイトです。

 

マンション売却一括査定

マンション売却だけに特化した専門査定サイトがあるのかといえば、残念ながら、存在しません。

前述の「マンションナビ」は、一時期マンションに特化している時期がありました。

しかし、その後、現在に至り、戸建てや土地売買案件も扱うようになりました、

現在は、サイト名はそのままに、マンションだけにかぎらず、戸建や土地の一括査定を行う窓口として、機能しています。

 

不動産の買取一括売却

不動産の売却には、「通常の仲介による売却」と「買取による売却」の2つの売却があります。前者は、一般的に、3ヶ月の販売期間をもって、その間に不動産会社が、なるべく良い条件で売却できるように、販売方針を説明し、販売していくものです。

もう一つの買取については、さらに2つに分かれます。一つは、すぐに不動産会社や買取専門会社が買い取る金額を説明します。ただし、最大のメリットは、いつ売れるのか、いくらで売れるのを心配しなくても良いことです。先に引っ越しのスケジュールなどを考えることも可能です。もう一つの買取は、当初1〜2ヶ月の間は、普通にバイバイ活動をします。

そして見込み通りに売れない時に、事前に契約をしていた買取価格で買い取ってもらうという方法です。

買取のマイナス要素は、一般的には、買取価格の方が通常の仲介価格よりも安いことです。ただし、一般仲介の価格は、あくまで査定であり、売れる可能性のある価格ということになります。

3〜4ヶ月販売をしてみて、そのあと改めて、買取価格を査定するのでは、買取会社はリスクを感じて当初価格をの調整を行ってきてしま可能性があります。

先に買取価格決めて、念のために販売活動を行うという方法が、安全で安心できる方法です。

 

まとめ

手軽に価格を知ることができるのが、一括査定の良いところだが、価格はあくまでも査定価格ではなく、一般論としての参考価格でしかありません。

宝石や高級車やブランド品などと同じように、傷や汚れなどで状態が悪ければ、価格は変動します。

一括査定は、査定という名前はついていますが、物件の状態を確認しないで、算出するものであり、査定とは言えません。

さらに、会社の名前を信用して、高すぎる価格でも、可能性があるかもと思い売却依頼をしてしまいがちですが、結果、大事な販売開始時を失敗してしまいます。

 

 

関連記事一覧

  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売却関連
  3. 不動産売却|知っておくべきこと
  4. 不動産を売却する時に必要な書類
  5. 2021年の不動産売却の売り時!売れ筋の裏側から考えると分かる
  6. 相続した不動産を売却する|税金の特例を受けられるかどうか
  7. 不動産の売却理由の現実|買主の想像とは違います
  8. 不動産売却でチラシを使うのは古いし効果的ではない|今はネット広告
  9. 家が売れない時はどうする
  10. 不動産会社の営業が訪問査定で物件の何を見ていると思いますか
  11. 不動産売却で少しでも高く売れるために売主が出来ること
  12. 不動産を売却した翌年の税金はいつ払う
  13. 不動産の一括査定|デメリットとおすすめ *当記事
  14. 不動産売却の査定方法|今後はオンライン査定で訪問なしでも
  15. 不動産査定を一括査定から始める注意点と流れ
  16. 不動産査定のAI化のメリットとデメリット
売却に関するご相談はこちらへ
査定のご依頼、および売却に関してのご相談などありましたら、遠慮なくお声がけください。(遠隔地の場合、直接サポートができない場合もありますが、メールで回答させていただきます)
不動産売却のセンチュリー21アルクホーム
査定のご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました