まず価格だけを知りたいという方も無料で査定をさせて頂きます!お気軽にご連絡を下さい。フリーダイヤルは、0120-228-622

不動産売却の広告ではでチラシ広告は効果的ではない

昔、ネットのない時代には、チラシと看板が不動産を売却する主な販売方法でした。

しかし、実はとても効率も効果も低いやり方でした。

チラシは1枚の単価が意外に高く、広いエリアに広告をすることが困難です。

不動産会社は、苦肉の策として、合法とは言えない電柱看板をつけてしまったりしています。

しかし、看板はさらに効率も効果も低い方法でした。

ですので、不動産の売却が完了するまでに、時間がかかりました。

 

しかし、ネットを使える環境が一般的になり、広告がネット主体になり、広告に関する状況は大きく変わりました。

ですので、不動産会社に売却依頼をする方法もよく考えるべき時代になりました。

 

ネット広告が一般的になる前の時代では、チラシと看板が主な広告でしたので、一つの不動産会社が持つ広告能力は、低いものでした。

ですので、複数の不動産会社に売却を依頼する一般媒介契約も、ネット広告の時代には合わないものになりました。

 

1社の不動産会社の広告能力が低かった頃には、各社がチラシ広告をしても、広告エリアは狭く、広告が重なることは少なかったのです。

ですから、チラシ広告は有効でしたし、複数の不動産会社への一般媒介契約の意味もありました。

 

しかし、ネット広告が主体となった今、複数の会社に一般媒介で依頼すると、広告が重なってしまい、悪影響が出るようになってしまっています。

売却依頼をする時には、専任媒介か専属専任媒介で、契約をする事をお勧めします。

 

関連記事一覧
  1. 会長ブログ
  2. 会長ブログ|不動産売却関連
  3. 不動産売却|知っておくべきこと
  4. 不動産を売却する時に必要な書類
  5. 不動産登記簿謄本の見方
  6. 2021年の不動産売却の売り時!売れ筋の裏側から考えると分かる
  7. 相続した不動産を売却する|税金の特例を受けられるかどうか
  8. 不動産の売却理由の現実|買主の想像とは違います
  9. 不動産売却でチラシを使うのは古いし効果的ではない|今はネット広告 *当記事
  10. 家が売れない時はどうする
  11. 不動産会社の営業が訪問査定で物件の何を見ていると思いますか
  12. 不動産売却で少しでも高く売れるために売主が出来ること
  13. 不動産を売却した翌年の税金はいつ払う
  14. 不動産売却の一括査定|やってみたら分かるメリットとデメリット
  15. 不動産売却の査定方法|今後はオンライン査定で訪問なしでも
  16. 不動産査定を一括査定から始める注意点と流れ
  17. 不動産査定のAI化のメリットとデメリット

不動産を売却するか、あるいは他の手段を考えるか、を検討するには、まず不動産の価格を知ることは大事なことです。また、査定をしたからといいましても、売却へとすすめなければ不動産会社に迷惑をかけると考える必要はありません。不動産売却は無理におすすめできることではありません。まずは、お気軽にご相談下さい。

査定のご相談はこちら