不動産を急いで売りたい時はどうすれば良いのか

不動産を急いで売りたい時はどうすれば良いのか

多額の資金が必要になり不動産を急いで売りたいと希望した場合は、不動産会社に仲介を依頼するのではなく買取をお願いする方法があります。

不動産を急いで売りたい

仲介と買取の違いについて

  • 仲介とは?

仲介とは不動産会社を通じて買い手を探してもらう方法で、こちらの方法の場合は比較的に時間のゆとりがあり少しでも高値で売却したいと希望する場合に有効に使える売却方法です。

  • 買取とは?

その一方で買取の場合は不動産会社に買い手を探してもらうのではなく、不動産会社に直接物件を買い取ってもらう方法です。

この買取を利用した場合は、急いで売りたいときに買い手探しで時間を取る事もなく不動産会社が買い取ってくれますので、転居先の検討や引越等の具体的スケジュールをすぐに組み立てていくことが可能です。

 

買取の主な分類

また実際の買取では、不動産会社が直接買い取る場合と仲介会社を通じて仲介手数料を払って買い取って貰う場合があります。

  • 不動産会社が直接買い取る場合

前者のケースの場合、仲介料を払うことはないのですが、買取額の交渉や条件面のすりあわせについて売主様が直接折衝しなければなりません。

仲介会社のアドバイス等が無い状況ですので、その商談が果たして良い条件で進んでいるのか、売主として不利益が無いのか等(価格以外の部分など)の客観的視点がありません。

  • 仲介会社を通じて仲介手数料を払って買い取る場合

後者の場合は、仲介会社が買取専門会社と売主様の間に入り、買取額を含めた条件交渉を行ってくれます。仲介会社は、複数の買取会社から提案を引き出し、総合的に最も売主様にとって良い条件での買取会社が何処なのかをアドバイスしてくれます。

 

こんな事もあります

また、買取ではかなり安くなってしまうし、通常の仲介ではいつ売れるのか不安という場合に、もう一つの選択があります。

原則的に、不動産の売買でありましても、需要と供給のバランスが不動産取引に大きく影響します。

一般的な不動産仲介では、「なるべく高く売りたい」お客様が多いですので、成約までの時間がかかってしまうのです。

ですので、買取価格程ではないが、通常の仲介によりある程度抑えた価格で売り出すことにより、成約までのスピードは間違いなく速くなります。

売主様のお考えになる売却完了までの時間がどの位あるのかにより、選択する方法は変わります。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ