古い家なので解体工事が必要だろう。売る前に解体した方が良いのか?

古い家なので解体工事が必要だろう。売る前に解体した方が良いのか?

親の残した古い家を相続したけど、田舎で交通の便が悪いので自分で暮らす気はない。
それなら売りに出したいけど、それは解体してからのほうがいいのか……
使っていない家の処理で迷っている人も多いでしょう。

解体工事と不動産売却

重要になってくるのは、解体でかかるコストです。

コストが高く、解体費用を大きく上回るのであれば、売りに出す事すら難しくなってしまうのです。
専門家の意見を参考に、売りに出すかの結論を出してみましょう。

  • 売る前に解体を検討している場合、そのコストを考えてみましょう。

解体する前に実家の荷物をどう処理しておくか、どれくらいの費用や時間が必要になるのか……
単純に解体するだけでも考えることはいろいろあります。
 

解体費用の相場は建物の種類によって金額が異なります。

同じ坪であっても木造と鉄筋コンクリートだと解体費用に差が生まれます。
現場の状況によって、解体費用に差が出来る事もあるので、専門家の意見を上手に取り入れるようにしましょう。

あくまで目安になりますが、解体するのが大変であればあるほど、坪単価は高くなっていきます。

これは、解体した住宅の木材等の部品は、「産業廃棄物」と見なされ、適正に分別し処分することが義務づけられているからです。
 

大昔の解体工事のイメージでは、大型の重機で簡単に壊してしまうイメージがあると思います。
木造住宅などですと、本当に短い時間で、あっけなく壊されていました。

  • 現在は、金属部分/コンクリート部分/木材部分などに分けるため、壊すと言うよりも分解していくというイメージであり、人員と時間がかかるようになりました。

そして、分類された材質の分量により、費用が異なるのです。
 

しっかりと見積もりを取る

業者によっては、何も知らないのをいい事に法外な金額を請求する悪徳業者も存在します。
そういう業者にひっかからないように、事前に複数の業者から見積もりをチェックしておきましょう。

また、直接、解体業者に問い合わせるのも一つに方法ですが、不動産仲介会社では、提携している解体業者を持っている会社が有ります。
安心できる実績有る解体業者を紹介して貰う事が可能です。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ