不動産会社に依頼しないで、自分で売却する事は出来るのだろうか

不動産会社に依頼しないで、自分で売却する事は出来るのだろうか

所有している不動産を売る事を考えた時に、不動産会社に仲介を依頼しないで自分で売却する事が出来ないかと考える場合があります。

最近では、ソニー不動産とYahooが提携し、売主様が直接ネットに物件情報を掲載する仕組みの提案など新しい中古売買の試みが始まっているところもあります。

ソニー不動産は、売主様からは仲介手数料を頂かず、買主様からのみ手数料を頂き、売買契約締結を進めるとしています。しかし不動産売買の場合、こうした方法はお勧めできるものではありません。
 

メリットは自分で行うともちろん仲介手数料が不要

不動産の売却を不動産会社に依頼しないメリットとして挙げられるのは、仲介手数料をおいて売却時に係る出費を減らす事ができる点です。
しかしメリットは正直それだけです。一般人にはハードルが高いのは言うまでもありません。
 

やはり不動産売買は専門知識が必要!

不動産売買においては、売買仲介会社の果たす役割は非常に大きく、それには専門知識が必要になります。

通常は、仲介会社が売主様に代わり、買主様と後々のトラブルが発生しないように、調査を行い重要事項説明書と売買契約書を作成し、買主に対して説明を行います。

 

当事者のみでは合意に至ることも困難

また取り決め事がある場合も、当事者間の折衝では、売主買主双方の利益は反することが多いですのでなかなか双方が合意に至ることは困難です。

仲介会社が間に入ることで、譲歩できる部分と出来ない部分を調整して参ります。

また法律上の売主の履行責任・買主の履行責任を守っていただき、無事に決済引渡が出来るようにサポートされます。

また前述のソニー不動産とYahooの新しいサービスでは、ソニー不動産は買主からのみ仲介手数料を受領する仕組みですので、買主側の立場に立って商談が進んでいくと考えられます。

 

情報量が多すぎて個人ではついていけない

また今の時代はインターネットにより、物件情報を広告し、購入検討者に物件情報を見つけて貰い、物件情報を様々に比較検討した検討者が見学・申込・契約と進んでいくことがほとんどです。

これらの販売に関する情報量は、個人の売主様では到底カバーできるものではありません。
また先に紹介しましたYahooのケースでは、ただ一つの不動産サイトでの情報ですので、検討者側からしますと、なかなか見つけられるものではなく、販売のチャンスは非常に小さいものになります。
 

個人取引は最悪訴訟の可能性も考える

また不動産の売却を不動産会社に依頼しない場合は、高額なお金のやり取りが絡む契約や重要事項の説明を行なう必要がありますので、この点においても大きな懸念があります。

万が一にも手続きで不備があれば訴訟に発展する事にもなりかねず、不動産は自分で売却する事は出来るものの、専門家の介在しない取引はお勧めはできません。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ