マンションの売却査定法の種類について

マンションの売却査定法の種類について

マンション売却にあたり行われている主な査定方法は、3種類あります。
マンションの売却査定法の種類
 

知っておきたいのは机上査定、訪問査定、買取査定の3つ

机上査定、訪問査定、買取査定と呼ばれているものですが、順番に特徴を解説します。
 

簡易査定

まずについてですが、これは業者によっては簡易査定と呼んでいるものです。

物件の所在地や築年数などのデータを基に、概算の売却価格を知ることができます。

どのぐらいの値段が付きそうなのか、簡単に知りたい人に向いている査定方法といえるでしょう。
マンションの場合は、1棟の建物内で仕様・グレード・設備が違うことはあまり多くありませんので、机上査定でもある程度の目安にはなります。
 

訪問査定

次に訪問査定ですが、業者の担当者が現地へと足を運び、マンションの売却価格を算出する方法です。

実際にマンションを見てみなければ得られない情報がある分、簡易査定より正確な売却価格を知ることができます。

 
見てみなければ得られない情報とは、主に内装設備に関することです。

リフォームをしているしていないでは当然違いがありますが、実はメンテナンス状況によりましても、大きく変わります。

単に場所・築年数と面積が判断基準となる簡易査定とは数百万円の差異が出る場合も少なくありません。

  • 本格的にマンションの売却を検討しており、詳しい査定価格を把握したい人に適した方法といえます。

 

買取査定

そして買取査定ですが、これは仲介での売却価格を査定するものではありません。

不動産会社を買い手とした場合の査定価格であるのが特徴です。

  • 仲介と比較すると売却価格は安くなりやすいのですが、金額に納得がいけば買い手がいる分、早期にマンションを売ったお金を受け取れるのが魅力的ではあります。
また通常の仲介による売買では、一般の個人間売買でありましても次の買主様に対して売主様は一定の保証をつけることが一般的です。

買取の場合は、通常現状のまま保証なしで取引を行いますので、引き渡したあとの不安も残りません。

 

査定方法については無料で対応しています

なお、これらの査定方法ですが、今は多くの業者が無料で対応しています。

まずは概算価格が知りたいという場合は机上査定を、その後売りに出すことを決めたら訪問査定を、買い手がつかなかったり、すぐにマンションを売却したい事情がある人などは買取査定を利用すると良いでしょう。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ