不動産を売却しやすい時期・季節はあるのか?

不動産を売却しやすい時期・季節はあるのか?

不動産を売却しやすい時期や季節があるのではないかと、以前から様々に言われています。

そこには、地域性も関係してくるでしょう。
例えば北海道のように年間日数の約3分の一が、土地が隠れて見えなくなってしまう地域では、他の地域ではおきないことも起こります。
 
札幌不動産売却

売却しやすい時期は購入検討者が増える

  • 売却しやすい=購入検討者が増える

と考えると、分かりやすいかもしれません。

北海道札幌市(弊社の本拠地が札幌ですので)の場合ですと、「雪」という明確な季節要因があります。

雪のない季節と比べますと、駅までのアクセス状況が大きく変化します。
雪が積もり、歩行者は歩きにくくなり、次に氷に変化すると歩きにくさは更に深刻になります。

その為、通常は徒歩5分の道のりが10分になってしまったり、転ばないように歩き続けることで身体に緊張がたまり、駅に到着したときには、どっと疲れが出てくる。

ですので、例えば関東にお住まいの方が駅までの距離が近い遠いと判断する距離数よりも、札幌市にお住まいの方々はより厳しく判断する傾向にあります。
 

ですのでこのような季節には、よりマンション志向が高まり、駅に近い物件は大変な人気物件に変化する可能性が高いです。

逆に、戸建や土地を検討するお客さまの場合、雪が降り積もりますと、境界標も見えなくなりますし、どのあたりまでが敷地なのかも分かりにくくなってしまいます。

これは、雪の無い関東などの地域では、境界上に生け垣を作ったり塀を建てたりする傾向がありますが、北海道では降雪の為なのか、それはあまり一般的ではありません。

ですので、降雪状態では土地の境目はほとんど分からない状態になってしまいます。

これらのことから、一般的に雪が積もり始めると、土地や中古戸建の売却状態は鈍くなると言われています。
 

但しこの2年ほどはそうとは言えない状況が生まれています

真冬に土地・戸建を購入する人々が明らかに増えています。
これに大きく影響をしているのは、消費税アップだと思われます。

現在のように不透明な状況でありましても、やはり上がってしまうと不動産の場合2%の上昇で数十万円の負担が増えてしまいますので、“駆け込み”と言われるほどでないにしても、行動を始めているお客様が増えている感触があります。
 

転勤が多い時期はどうなの?

季節要因で考えられる他のポイントでは、“転勤”があります。
転勤がある人はいずれまた転勤が有るかもしれないだろうに購入するのだろうかとお思いになると思います。
しかし実際には、強く影響しています。
 

  • ですので、春と秋が不動需要が大きく伸びている要因にもなっています。

一年間で大きく需要(購入)が増えるのは、2月3月とその前後、そして9月10月とその前後です。
そして、人は人から影響を受けて考える事が少なくありません。
職場で「マンション購入したよ」という話題が出れば、少なからず影響を受け、次の週末には物件見学などというケースも多くあります。

ですので、”転勤”による需要が(購入)が増え更に影響される周辺の人達もそのように動き出すので、前述したような季節(時期)に増えるのだろうと思われています。

 

また購入者が増える(売却しやすい)時期ということでは、二つに分かれます。

  • 一つは「社会的な環境の変化=税制改正、ローン金利の変動、消費税アップ、ローン減税など」による影響があります。
  • もう一つは実はそれぞれの家庭に存在する個別的時期です。これは皆さんの個別的要因ですので、今日は触れません(家族の年令・定年・子供の成長独立・結婚・・・)。

 

社会的環境の変化も不動産の取引状況に大きく影響します

これは潜在的に「いつかは住まいを購入する」という考えの方々が多く存在しているためでしょう。
いつ頃購入したら良いだろうか、と考えているわけです。

そこへ、ローン金利が下がる(下がった後)、或いは上がる(上がる前)、消費税が上がる(前)、税制が変わる、、、等の変化のアナウンスがあり、背中を押されるように、購入へと行動し始めます。

不思議に思われるかもしれませんが、例えばローン金利は上がる場合も下がる場合も影響をします。
経済面に関係した社会環境の変化が、いつ購入しようかと考えている人達の背中を押す傾向があります。
 

しかし結局のところ、上記の物事は、複雑に絡み合い個人の気持ちに影響していきますので、「いつが良い」とは言いきれないということでもあります。

ただ、マンションや戸建の場合は「経年劣化(劣化により評価が下がる)」という問題がありますので、高い評価(価格)をしてもらって売却出来る事を考えると、根本的には「早く売却する方が有利」であることは間違いの無いことです。

★pickup
→札幌市中央区の不動産売却状況

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ