売却するとき、同時に複数の会社に声をかけて大丈夫?

売却するとき、同時に複数の会社に声をかけて大丈夫?

自分の都合で上手に業者選びを

不動産を売却するときに考えるのは、どの不動産会社に頼んだらよいかということでしょう。

    その次に

  • 1社で大丈夫だろうか?
  • 何社か頼んだほうが良い条件で売れるではないだろうか?
  • と考えるのだと思います。

この辺りは、売主様のご都合や考え方によって選ばれて良いと思います。

ただし、何となくその方が良いかなとか、
誰かがそう言っているのを聞いたことがあるからとかで選ばれると
おそらく後々後悔することもあるかもしれません。

具体的には、複数の会社に依頼する場合は一般媒介という方法で頼むことが出来ますし、
1社に頼む場合は専任媒介契約となります。

⇒ 札幌の不動産物件の無料査定をしたい方はこちらから

ただし、一般媒介と専任媒介とでは、
実際にはずいぶんと内容が違いますので、理解した上で選んだほうが良いです。

AV011_L

例えば、「積極的販売活動は控えて欲しい」「すぐに売れなくとも良い」「販売価格などは、自分で考えたい」などという場合は少ないと思いますが、そうした場合は、一般媒介契約の方が適しています。

一般媒介契約は、他の不動産業者への情報発信である「レインズ(東日本不動産流通機構)」への登録が義務化されていません。

ですので、物件を購入したいお客様の情報は集まりにくい状況となります。

また一般媒介契約で、3社・4社と依頼すれば、不動産業者同士が競争してくれて
販売がスピードアップされるのではないかというようにお考えになる売主様もいるようですが、
むしろ逆の現象が起きてしまいます。

中古物件の販売活動では、今は完全にインターネットの時代と変化して来ています

購入検討のお客様は、エリア・価格帯・間取などの条件で物件情報を調べて、
気に入ったものがあれば問合せて見学をして、物件を選んでいきます。

一般媒介契約の場合、そうして検索されると、
同じマンション・同じフロアに販売物件が複数件あるように見えてしまいます。

検討者からすると、特にマンションの場合こんなに販売している部屋があるということは、
このマンションには何かあるのだろうか?あるいは情報詳細まで見ないお客さんは
「ずいぶん売れ残っているマンションだな」、と見えてしまうようです。

当然、問合せも少なくなります。

ですので、前述したような理由ではない場合、一般媒介契約で依頼する理由は今の時代ではなくなりました。

会社や担当によっては、確かに情報量は違いましたが、現在ではそんな状況はあり得ないのです。
数年前は、「ネットに載っていない情報はないですか?」という問合せがありました。

 

今の時代、もしネットに載っていない情報があるとすれば、
載せても売れる見込みが無いと会社・担当が判断してしまった物件しか無いでしょう。

 

また売主様の中には、居住中で売り出す場合も少なくありませんが、
この場合、複数の会社に売却依頼をしておりますと、各社からバラバラに都度案内希望の連絡が入り、
売主様はその応対に大変気を使われることになります。

ですので、複数の不動産会社に売却依頼(一般媒介契約)することは可能ですが、
実際のところそのメリットが今の時代(インターネット)にはなくなり、
場合によってはデメリットになることもありますのでご注意ください。

⇒一軒家の売却に関するページ
⇒土地に関する情報ページ

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ