不動産のローンが残っている場合、売却は可能なの?

不動産のローンが残っている場合、売却は可能なの?

考える女性

ローンを完済していない場合、基本的には売却時に残りを一括返済しなければいけません。
貯蓄で残りのローンを支払う、不動産を売却した金額を返済に充てる、貯蓄と売却価格で完済する方法があります。

基本的には売却時に一括返済

これらの方法で完済できない場合、他の資産を売却したり、消費者金融などのローンを組んだりする他、買い換えを選択して現存のローン完済のために多く借りるといった選択肢があります。

しかしながら、不動産を手放すだけでも痛手なのに、別のものまで失ったり、新たな債務を負いたくないという人もいることでしょう。

一般的な売却方法だと前述したように、ローンの残りがあればその分を一括返済しなくてはいけません。
これをどうにかして避けたいという人もいるでしょうが、一つだけ任意売却という手があります。

 

任意売却のメリット

まず、任意売却の最大の魅力は、ローンの残りがあっても一括での完済が必要ないという点です。
不動産を売却した分でローンが残ってしまったとしても、売却以降に分割返済をすることが可能なのです。
一括返済と比べると、これは助かると思う人は多いでしょう。
 
しかしその為には、銀行の承諾が必要になります。銀行との相談を事前に慎重にしておかなければなりません。
 

  • また基本的に返済が滞っていなければ、相談を受けることはしませんし、返済の延滞が長くなりますと債務者の承諾を得ることなく、競売への手続きが取られてしまいます。

そうなる前に、早期に不動産会社へ相談をしフォローして貰いながら進めていく必要があります。
 
任意売却についてはこちらもご参照くださいませ
→不動産の任売売却で知っておきたい事

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ