マンションは売り出す前にリフォームしたほうがより高く売れる。

マンションは売り出す前にリフォームしたほうがより高く売れる。

マンションは売り出す前にリフォームしたほうがより高く売れる。
そんな噂を聞きますが本当にマンション売却は売り出す前にリフォームすると金額が高くなるのでしょうか?
今回はこの部分に焦点をあって、紹介していこうと思います。

マンション売却時のリフォーム
 

部屋の傷や汚れに関しての考え方

マンション売却において、売り出す前にリフォームすることは結果として有利に働きます。
中古物件で注目されるのは、部屋の傷や汚れです。
リフォームすることによって、傷や汚れが軽減され、印象が良くなる可能性があるからです。
もちろん、そのまま売りに出しても問題ありませんが、リフォームは有利に働くと覚えておきましょう。
 

リフォームを行っても良いケース

リフォームした方が良いケースと言いますのは、傷や汚れの程度によります。
札幌市内のマンションも古いものは、築30年を超える物件も増えております。

中には、場所は非常に良いのに、室内の状態が良くないために、売却可能価格が低くなってしまうことがあります。

売主様の中には、「購入される方の内装に好みがあるだろうから、下手にリフォームしない方が良いのでは・・・」とお考えになる方もいらっしゃいます。
ところが、このあたりについては、売主様と買主様の思惑がすれ違う部分であります。

実際には、買主様はフルリフォームされた物件を購入しても、自分の好みで更にリフォームを行うことも少なくありません。

しかし、買主様は古く劣化してしまっている状態から、リフォームで生まれ変わる室内状況をイメージすることが苦手です。
 

売る時は実際に部屋を見て価格がかわる事が多い

リフォーム前提の物件探しの買主様でありましても、見学時点で、一定以上の室内状態になければ、購入検討に進まないことが多いのが実情です。

実際に不動産会社の中に、物件を買い取りし、フルリフォームをした後で、かなり高価格で販売することが成立しています。

 

見た目の印象が大きく左右をする?

  • ポイントは案内時の印象が、年数なりか或いは年数よりも良く見えるか、どうかであります。

例え、築年数が新しい物件でありましても、状態によりましては、クロス張り替え等をされた方が良いケースがあります。
その辺りの見極めについては、売主様の主観ではなく、買主様の視点でどう見るのかを判断できる不動産会社に一度見て貰うべきでしょう。→売却をお考えの方

物件によりけりですので、一概には言えませんが、一般的にリフォームをした方が良いのかどうかを悩まれるケースでは、年数がかなり経過し傷や汚れが多いケースが多くあります。

立地が良いなど不動産評価の高い物件などでは、クロス張り替え等の小規模リフォームを行うことで、価格がグッと上がることがあります。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ