売却が先?購入が先?不動産を売る時の順序について

売却が先?購入が先?不動産を売る時の順序について

新しい住宅を購入する時に、今住んでいる住宅を先に売却した方が良いのか?
先に購入を先にした方が良いのか?
人生という長いライフステージの中で、同居する家族数や年齢構成の変化により、必要な住宅の面積や立地にも変化が出てきます。

子供が成長し家から独立するとき、子供夫婦と同居するとき、連れ添ってきたパートナーとの分かれから一人の生活になったとき・・・・・・・
そして次の住まいを検討するときに、売却を先にした方が良いのか、購入が先なのかと迷う時が来ます。

ILB21014

売却が先の場合

売却を先に済ませた場合、転居スケジュールや予算・資金を考えやすいというメリットがあります。
しっかり予算を確保したうえで物件の検討ができるため、より具体的に物件を絞ることができ、資金計画も立てやすくなります。

しかし、売却が済んでからすぐに物件を見つけられないと新居に移るまでにどこか住む場所を用意しなければなりません。その場合は、一時的な賃貸住宅への入居の可能性も考慮する必要があります。

また次の住まいが出来る頃に合わせて決済引渡条件を今の住まいの売買契約に盛り込む事は出来ますが、買主様に取りましては、すぐに住むことが出来ないため、なかなか購入予定が決まらなかったり、想定外にその分値引に応じる必要が生まることもあり得ます。
 

購入が先の場合

先に新居を購入する場合は仮住まいを用意する必要がなく、購入するまでは今の住宅も売却しないため時間をかけてゆっくりと物件を吟味できます。
理想の家が見つかるまでいくらでも時間をかけられるのは大きい買い物である不動産購入では大きなメリットでしょう。

また売却についても、やはり居住では検討するお客さまがじっくり見ることを遠慮する傾向はありますので、家具等全て運び出したあとの方が検討しやすいという点のメリットもあります。
しかし今の住まいに住宅ローンが残っている場合、新居のローンが難しくなることもあります。
或いは、一時期に住宅経費が2戸分になるという事は大きな負担になる可能性もあります。
 

どちらにもメリットデメリットがあります

またお客様一人ひとりで状況も異なりますので、答えとしては、ご自身のご都合や考えを不動産会社担当者に話し、アドバイスを受けながら、最善の選択をすることをお勧めします。

但し現実的には、まず売却そして購入、或いは並行して売却と購入を進めていくケースが多いです。

当然早く売りだした方が高く売却出来るチャンスは増えますし、例え一時的な仮住まい費用が発生することがあったとしましても、売却価格の下落に比べますと僅かです。
ですので、資金面で計画を考える場合に、全体(売却と購入)にかかる所要資金としては負担が少ないのは、「先に売却」を進める方が良い部分が多いです。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ