一軒家売却時の注意点

一軒家を売却する際の注意点として最も大切な事は情報収集

まず最初に情報収集しなければいけないのが売却する一軒家の相場を把握することです。一軒家などの不動産売買は素人の判断では難しいため、しっかりとした不動産業者に依頼して査定をしてもらいます。

査定金額は不動産業者によって査定方法も異なるため、多少の差が生じます。

ここでチェックしておきたいのがそこの不動産業者では一軒家を買いたいと言っている顧客がどのくらいいるかです。

 

一軒家を売る場合、様々な費用が掛かることをご存知でしょうか

まず不動産業者と媒介契約を結んで仲介を依頼している場合、売買が成立すると仲介手数料を支払わなければいけません。

  • さらに一軒家を売却して得た収益には譲渡所得として税金の課税対象となります。

税金に関する内容はこちらにも掲載しています。
→不動産売却における税金関係
 

ILB19028

しかし、一軒家が居住用であった場合、もしくは住まなくなってから3年以内であれば3,000万円の特別控除を受けられる特例が定められています。

つまり、3,000万円以内であれば譲渡所得は無しと見なされ税金を支払う必要がなくなります。

又、居住用として10年間を超えて所有していた一軒家については軽減税率の特例措置があるためにさらに有利になります。

これらの情報を事前に知っておくだけ、大体どのくらいの費用が必要になるかの試算が出来るため資金計画も立てやすくなります。

一方、これらの情報を知らずに計画を進めていけば
思わぬところで費用が掛かっても資金の工面に頭を悩ます結果になるでしょう。

一軒家を売ろうと思ったなら、まずは自分が知らない情報をたくさん集めて、
分からないところは専門家や情報サイトに質問するなどして、ある程度対応できる知識を身に付けておきましょう。

⇒札幌の一軒家売却に関する情報ページ

また当社では一軒家・一戸建ての売却を数多く扱っております。どうぞ気軽にご相談くださいませ。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ