不動産売却の際、専任媒介と一般媒介との違いとは?

不動産売却の際、専任媒介と一般媒介との違いとは?

家を売る場合に、不動産業者に売却の依頼をします。
その際の方法について説明いたします。
顎に手を置いて考えるスーツの男性

不動産業者に売却の依頼をする際には、媒介契約を結びます。
媒介契約には、三種類あります。
 

一般媒介契約

一般媒介契約の特徴は、複数の業者に売却依頼が出来ることが最大の特徴です。
他には、レインズへの登録義務がない事、売主への活動報告の義務がないこと等があります。
レインズへの登録がありませんので、他の業者からの紹介情報は、あまり期待できません。
それぞれの会社単体での販売活動が中心です。
 

専任媒介契約

一般媒介契約にたいして、媒介活動を1社を中心として売却依頼を行う。
依頼を受けた会社は、7日以内にレインズへ登録しなければなりません。
直接依頼するのは1社ですが、レインズを見た他の業者からも購入者の紹介が入ります。
1社が主幹となり販売活動を行うイメージです。
 

専属専任媒介契約

基本は専任媒介と同じです。
レインズへの登録は5日以内に行わなければなりません。

また専任媒介契約では許されている「売主による自己発見取引」が専属専任媒介の場合は、認められていません。ここが大きな違いです。

 
ただ実務レベルでは、一般媒介は売主様が販売活動の主導権を握って進めていく必要があります。

お客さまの案内についての時間管理や調整、見込客の見極め、金額面での交渉事など、専任媒介契約の場合ですと依頼した不動業者は、売却に関するパートナーとして、売主様の代わりに他業者との調整も行いながら、最も良い条件の買主を見つける活動を行います。こちらもご参照ください。 →売却するとき、同時に複数の会社に声をかけて大丈夫?
 

ですので、売主様の方に時間的な余裕があり販売活動に関わることが出来る場合は、一般媒介契約は悪くはありません。

その場合でも、2社か多くても3社程度が良いと思われます。
マンションなどの場合、各社でネット広告を行った結果、通常は号室表示などしませんので、このマンションにはずいぶんたくさん売っている物件があるのだな、と見えてしまいます。

→不動産・マンションの売却に関するご相談はこちらからも可能です。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ