ローン残債があっても売却したい!そんなときは任意売却で

ローン残債があっても売却したい!そんなときは任意売却で

ローンの残債があると、売却は難しいのか

売却の状況は、お客様により様々です。

それは、売却の後の住まいをどうするのか、という点についても様々ですね。

「不動産売却は、想定していなかった。」ということが少なくありません。

まさかの転勤だったり、子どもたちの巣立ちであったり、あるいはパートナーの突然の他界などなど。

 

いずれの場合も、住宅ローンが残っていることのほうが多いわけです。

 

中には、購入してまだ数年なのに…というケースも有ります。

そうなると、住宅ローンの残債額より高く売れるのか、とても不安になると思います。

そんな時はやはり不動産仲介会社に相談するということからスタートになるわけですが基本的に売却は可能です。

方法としてはお客様の事情や都合に合わせた中での選択肢をプロの仲介会社に聞いて提案してもらいましょう。

 

下記からから物件の無料相談や無料査定について詳しく見ることができます


不動産・土地に関する売却無料相談・無料査定

 

 

鍵となるのは、まず次の住まいをどうするのか

転勤先・あるいは別の不動産を新たに購入するのか、とりあえずは賃貸に入るのか、により提案は違ってきます。

次の住まいを新築・中古の不動産を購入するという場合については、もしも住宅ローンの残債額が売却可能額を上回っていましても、一定の条件はありますが、次の物件にその差額分を上乗せして申し込み、新たな住宅ローンとして支払っていく方法です。

以前は、銀行の対応は厳しかったですが、今は住宅ローンの商品の中に、既に買い替え希望に合わせた住宅ローン商品があります。
(ローンの審査には、一定の基準はあります。)

AS199_L
任意売却について

また、次の住まいはいずれまた購入するかもしれないが、とりあえずは賃貸不動産に入居するという場合ですが、この場合はその差額分を次のローンに組み入れる事が出来ませんので、所有する不動産の売却時にローンの残債が残ってしまう場合は、その差額分は手元資金から現金を入れることにより、売却することが可能です。


  • 難しいのは、次の住まいを不動産購入せず、賃貸に入る予定だが、売却による差額(売却価格とローン残額)に充当できる資金が用意できない場合です。

この場合は、銀行との相談が必要になります。

売却により出てしまう差額について、支払いを続けていくことを銀行に約束し、銀行の了解を取り付けて置く必要があります。それから、不動産会社に売却をしてもらうということになります。

⇒ いわゆる任意売却という方法です。

売主様の事情・都合により、方法は違いますが、売却時に一番優先すべきポイントは何なのかによりまして、解決の方法も違います。

信頼できる会社に、売却査定も含めて相談をしてみることです。

⇒アルクホームの売却に関するフローの説明ページ

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ