土地売却時の注意点

土地を売却する場合にはいくつか注意することがあります。

最も注意しなければいけないのが税金

  • 土地を売却するにあたり譲渡所得が発生し、これが課税の対象となります。
  • この譲渡所得には個人の給与所得とは別に所得税と住民税が課税されます。

又、売却する土地をどのくらいの期間所有していたかによって税率が異なります。

土地を所得した翌日から譲渡した年の1月1日までの期間が

・5年を超える場合は長期譲渡取得として見なされ、所得税が15%、住民税が5%課税
・所有期間が5年以下の場合は所得税30%、住民税9%が課税

このように5年を境に税金が大きく変わることを知っておけば、売却するタイミングを間違わなくて済みます。

 

瑕疵担保責任を負わないように注意

AS027_L

土地を売却する際には売主側の瑕疵担保責任として土地に関する不具合は除去しておきましょう。

よくある話だと

  • 「既存建物を解体し、
    その残骸を地中に埋めた状態で売却し、
    その後その土地の購入者が建物を建てる際に
    業者が掘削したら、事実が発覚した」

というトラブルです。

 

その他にも購入者は土地の地盤について保証を求めてくる

あたりに池や湿地がある場合、軟弱地盤を懸念される購入者が多いため事前に地盤調査をすることで付加価値を付けることができます。

さらには近隣とのトラブルを未然に防ぐために
境界確定をしっかりと行っておくことがアピールのポイントにもなります。

土地を売却する際には様々な点に注意を払うことが重要なのです。

そういった意味でも土地など所有している物件を売る際には無料相談や無料査定などを受けてご判断していただくのが最も望ましい計画ではないかと思われます。複数社を吟味し、条件の良い業者選びをしていきましょう。

⇒ 土地・不動産の売却に関するご相談をしたい方はこちらから

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ