札幌にある土地の査定はどのように取れるのか

札幌にある土地の査定はどのように取れるのか

札幌物件を高値で売るための特徴を知っておきましょう

駅までの近さ

札幌の不動産・土地の査定のポイントには、
まずは駅までの近さ(地下鉄・JR)があります。

人口200万都市の中でこれほど降雪量が多いのは世界的にも珍しいようです。
そのような中で駅までの徒歩距離の評価は特に重要です。
合わせて商業圏エリアへの近さも重要です。

土地の向き

次に土地の品質性能である、
土地の向き・接道する間口と奥行きとのバランス・形状、
道路との段差の有無などが査定では重要になってまいります。
土地の向きではやはり南向きが好まれます。
東/西向きと比較すると、10%程プラス評価になります。

土地の間口

次に接道する土地の間口は非常に重要です。
最低でも2mは接していないと、住宅建築は不可であります。

現実として接道2mということになりますと、
通路状の土地が出来てしまい建築に有効な面積は減少してしまいます。

道路の幅員

また接っする道路の幅員も重要な要素です。
札幌の場合ですと幅員が8m以上無ければ
除雪が入らない土地という事になりますし、
4m道路の場合だと容積率が減少することもあります。

間口と奥行きのバランス

土地の間口と奥行きのバランスといいますのは
どちらかが1.5倍以上になりますと、
建物配置がしにくかったり、ロススペースが出来てしまいます。

土地の広さ

広さについても、建築物によって丁度良い適正な面積があります。
一般的な住宅地だと55坪~75坪ほどが札幌では最も好まれます。

住宅としては小さすぎても難しいですし、
また、広すぎる事も敬遠されます。
その場合、成約価格は割安になってしまいます。

 

売却に関する無料相談・無料査定はこちら

 

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ