土地を売りたい場合におすすめするコツ

土地を売りたい場合におすすめするコツ

親が所有している土地を相続する場合、税制改正により相続税が上がることや固定資産税を払い続ける負担などの関係で売却を検討される方が増えています。

土地などの不動産を売却するためには大よその査定額を把握するところから始めます。

ILB28017

自分の売りたいと思っている金額と実際の査定額に大きな差があると全体資金計画にも大きく影響しますので、土地の査定は複数の業者に依頼することをお勧めします。

あなたが売りたいと思っている土地に対しての不動産業者の評価や査定額はおそらく様々だと思います。

主には、有効利用できる可能性の考え方によるものです。

その中から自分に合っている不動産業者を選定し、媒介契約を締結します。

媒介契約を締結すれば、基本的に不動産業者があなたが売却したい土地を買いたいという買主を探してくれますが、すぐに見つかる訳ではありません。

やはり市況・市場に合わせた適正な売却金額とニーズの流れに左右されます。

あなたが売りたいと思っていても、その土地を買いたいと思ってくれる人が現れなければ永遠に売れ残ってしまいます。また、そのエリアで検討する人が多いのかどうか・現在販売中物件が多いのか少ないのかによっても、状況は変わります。⇒札幌の土地査定に関するページ

土地は何も手をつけてない更地であれば、余計な経費は掛かりませんが、売却時の税金のかかり具合が多くなります。(マイホーム売却の特例を受けられませんので)

土地の売り時や買い時を見極めるのが難しいと思われているかもしれません。

北海道では、積雪時期があります。雪のある間は、土地の取引は非常に少ないです。

住宅用地は特にそういう傾向があります。

雪が暖かく感じられてくる4~5月は、購入希望者の問い合わせが一気に増えます。

この時期に合わせて、売り出されているかどうかによりまして、その後の売却状況は大きく左右されます。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ