一軒家を売りたい場合の注意点

一軒家を売りたい場合の注意点

せっかく一軒家のマイホームを購入したものの転勤や家庭の事情等で
マイホームを手放さなければいけなくなった時に売却の選択肢も出てくるかと思います。

不動産物件を売却するには様々な手続きが必要になります。

まず売りたい一軒家がどのくらいの価格で売れるのか
概ねの査定額を不動産業者に依頼するところから始めましょう。

女性

不動産、特に一軒家の査定額は不動産業者によって大きく異なる場合がありますので複数の業者に声をかけた方がいいでしょう。

何故なら不動産の取引は売りたいと思っている者と
買いたいと思っている者のニーズが合致してはじめて成立するからです。

では、あなたが売りたいと思っている一軒家を買いたいと思う人を顧客として管理している不動産業者を見つける事が出来れば、商談はスムーズに進むでしょう。

最近ではインターネットで複数の不動産業者に
一括で査定依頼をすることができるサービスもありますので積極的に活用しましょう。

⇒札幌・北海道の一軒家売却に関するページ

設計図面を準備しておくことから始めましょう

又、不動産特に一軒家を売りたい場合は
建築時やリフォーム時に建築業者(リフォーム業者)から受領している設計図面等を準備しておいた方が良いです。

おそらく新築の場合であれば建築確認済証や竣工図面など完成の際に施工業者から
たくさんの書類を引渡されたと思います。

れはその建物の言わばカルテのような書類であり、
次にこの一軒家を購入する買主に引き継いでいく重要な書類なのです。

これらの書類がありますと、売却する際の設備・仕様がわかり、
不動産仲介会社が広告する際のセールスポイントにも使われますし、
買主がリフォームを希望する際の見積もりにも大いに役立ちますので、売却はよりしやすくなります。

従って、一軒家を売りたいと考えた時には
これらの書類が揃っているかしっかりと確認しておきましょう。

⇒アルクホームの不動産売却・査定のご紹介ページ

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ