札幌にある分譲マンションの売却にあたり気を付ける点

札幌にある分譲マンションの売却にあたり気を付ける点

札幌の不動産・マンションを売却する時に、注意したい点は、
同じ築年数あるいは同じマンションでも売却する時の価格は、同じではないということです。

ですので、「自分のマンションは、いくら何だろう。」と考えるとき、
「〇〇階のお部屋が〇〇〇万で売れたようだから、自分の部屋は、〇〇〇万位。」と考えるのは、早計です。

ILB21080-1

お住まい方の状況によりましては、同じ年数であっても、マンションの売却価格は変わります。また販売のタイミングによっても変わる要素があります。

それは、季節ということではなく、近くに比較される物件がどの位あるのかと言うことです。

やはり販売している物件が数多くあれば競争がはたらいて安くなる傾向がありますし、比較物件が無ければ、一般的には高くても売れる可能性が広がります。

「昨年はいくらで売っていた、売れたらしいというのは単なる目安にしかならないという事になります。

また、前にマンションを売った人が何か急ぎの事情で早めに売却をしたいというケースもあります。
あくまでも札幌の不動産査定で重要なことは「今、いくらで売れるのだろう」ということです。

それに基づいて、販売活動を行ってくれる不動産仲介会社を見つける・選ぶことだと思います。
不動産会社の中には古くからのスタイルを崩さず過去の事例主義のままの会社もあります。

ILB21059

当社センチュリー21アルクホームでは、
マンションの価格は「時価」と考えています。

マンション購入を検討するお客様は、
マーケティングの仕事をしているような人でなければ、
「過去にいくらで売っていた」ではなく、
「今販売中のあの物件と比較してどうだろう」と
考えて、購入を決めるケースが増えています。

これは、インターネットが非常に一般的になり、
何かあれば「ネットで調べる」という考えや
行動する人が増えた結果です。

札幌の不動産・マンションの売却で、
価格の思い込みは禁物ですし、
一緒に可能性に挑戦してくれる不動産会社を
選ぶことが重要だと思います。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ