札幌の場合の不動産売却にかかる媒介手数料や仲介手数料のしくみ

札幌の場合の不動産売却にかかる媒介手数料や仲介手数料のしくみ

不動産売却にかかる仲介(媒介)手数料は、法律(宅地建物取引業法)では、売却を依頼し成約(契約)となった場合、不動産仲介会社に支払う仲介手数料の上限が定められています。

簡易計算法は以下のとおりです。

  • 400万円を超える場合 ・・・・・・・・・・・・・・・  「売買価格の3%+6万円+消費税」
  • 400万円以下で200万円を超える場合 ・・・・・・・・  「売買価格の4%+2万円+消費税」
  • 200万円以下の場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・  「売買価格の5%+消費税」

⇒ 仲介手数料は、あくまでも売買が成立した場合の成功報酬であります。
希望の価格で売却出来ないので、売却を取りやめるなどの場合は、仲介手数料を支払う必要はありません。

また売買が成立した場合でも、例えばコンサルタント手数料や広告などの別途費用は支払う必要がありません。

不動産ビジネスマン
ただし、売主様が特別の広告を依頼し契約していたり売主様が要望し、別にコンサルタント契約を結んでいた場合はその限りでは無く契約の内容に従うことになりますので、別途契約の話が出たら、要注意です。

また、仲介業務の目的は、「契約を成立させること」でありますので、例えば、売主様あるいは買い主様の事情で売買契約が解除となった場合にあっては、仲介手数料は請求されます。(媒介契約の標準約款に記載されています。)

⇒ 売却についてもっと知りたい方はこちら

※ただし、買い主がローンを利用して購入しようとする場合、ローンが不成立となり売買契約が解除となる場合は、売買契約のローン特約に基づいて、不動産仲介会社は手数料は請求出来ないと規定されています。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ