マンションは築何年まで大丈夫か?

マンションは築何年まで大丈夫か?

マンションの築年数売却

マンションを売却・購入する場合、築何年のものまでが大丈夫かは一概にいうことはできません。
単純な築年数で判断するのではなくマンションのメンテナンスに目を向けたほうが長く住み続けられる可能性は高いのです。

こちらもお読みくださいませ
→マンションの売却査定法の種類について

 

はっきりとした年数は決められていない

例えば、同じく築30年のマンションが2棟あったとします。

1棟は定期的に小規模修繕や大規模修繕がほどこされており、もう1棟はろくにメンテナンスがほどこされていません。前者はリフォームやリノベーションで良好な状態を維持していますが、後者は老朽化が進んでおり、デザインも30年前のもののままです。
 

修繕されている物件の方が良い

  • どちらが今後も長く住み続けられそうかについては、いうまでもなく前者でしょう。

マンションの価値も、リフォームやリノベーションが定期的にほどこされていた前者のほうが高いです。

メンテナンスが行き届いていればより長く住み続けられる可能性が高いですし、建った当事並みの性能を維持していけるため、価値も低くなりにくいのです。
その辺も売却時には、価格査定の一つとして重要になってきます。

 

表面的な要素ばかりでは決めない

なお、リフォームやリノベーション済みのマンションを購入する場合には表面的な部分、見た目の良さや安さだけで決めないことが大切です。

戸建と比べるとトラブルの少ないマンションでありましても、経年変化による給排水管の傷みはあり得ます。

マンションは、専有部と共有部に分かれます。

共用部は、管理組合が主導で補修修繕を行いますが、専有部は所有者本人の責任と負担による部分です。
専有部の給排水管、或いは暖房給湯の設備の補修修繕については自己負担になりますが、定期的なメンテナンスを行っていくことで資産価値を減少させずに済みます。

→マンションの売却ご相談はこちらから可能です

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ