査定を頼むと実際に各不動産会社の価格に大きく差がある?

査定を頼むと実際に各不動産会社の価格に大きく差がある?

査定を頼んだら、各不動産会社の価格に大きく差があった。やっぱり高い会社を選んだ方が良いのか?

売却などで必要な不動産の査定。
不動産に素人な自分でなく、不動産会社に依頼するのが基本です。
しかし、不動産会社によって金額に差が生まれてしまいます。
この場合は、金額が大きなほうに素直にお願いすればいいのでしょうか?

不動産売却

査定金額が異なるには理由があります。

大きく分類して3つの理由があります。一つずつひも解いていきましょう。

データを所有している

  • 独自の売買事例(売却実績・査定事例)
  • 顧客データ(過去取り扱った物件への問合せ等)

まず、これらの情報を不動産会社が持っているからです。

これらの情報をベースにしているので、不動産会社によって金額に差が生まれてしまうのです。
 

もう1つの理由が『不動産会社の考え方や事情』

売れる確率が高い=売れやすい価格(過去の取引事例ベース主義)として提案する会社もありますし、
自社の実績や事例及び現在販売中のマーケットと比較し高く売れる可能性がある価格を予測して提案する会社もあります。

また、一般的には高く売れる事を望まれる方が多いですので、他社と比較して選んで貰う事を目的に根拠が薄いのに高い価格を提案せざるを得ないという会社の都合もあるようです。

しかもこの事情は意外にも大手不動産会社に見られる傾向です。
 

最後にもう一つの理由は、机上査定であるための場合も少なくない

一般的に不動産の査定を依頼する場合、自宅に不動産会社に来られてしまうと、売却しないとなる場合に断りにくいなどを理由に、先ずは机上査定を依頼するケースが多いのです。

机上査定のベースになりますのは、過去の取引事例と周辺の現在販売中物件価格です。

マンションの場合ですと、一つの建物の中で御部屋によって仕様が異なる事は少ないのですが、一戸建ての場合は、一軒毎に仕様が違います。

ですので、住所が同じであれば、土地の価格は概ね同じですが、建物の仕様が異なりますので、価格は大きく異なります。新築時の建築費がメーカー工務店によっては2倍以上の価格差があります。

(坪40万円程?坪80万以上)机上査定では、建物の築年数と面積程度の情報になりますので、価格は大きく異なる場合があります。
 

高いから全てが良い訳でもない

査定価格を考えると、必ずしも高い金額を提示した不動産会社に依頼するのが正解ではありません。
複数の不動産会社に実際に訪問してみて貰う訪問査定を依頼して、自分の持っている不動産の金額を調べてもらいましょう。

ここでチェックするのは不動産会社の金額だけではなく、販売に対する広告方法や媒体数・ネットワーク数も重要です。

独自のデータベースを持っているかどうか、担当者の対応を見て、今後も一緒に自分の不動産の事を考えてくれる会社。またご自身が売却完了までをどの位の期間で考えているのかによりましても、査定価格・売却可能価格は異なります。

不動産の査定価格は、不動産鑑定価格では無く、流通価格です。

需要(購入する人の数)と供給(売られている物件数)のバランスにより、変動するものです。単純に年数と共に下がっていくものではありません。
 

不動産売却には、それぞれ売却の理由/事情があります。

売却完了までに期間の余裕がある程度あり、周辺に競合する物件が少ない場合は、高い価格で販売開始しましても、高価格で売却出来る可能性が高いです。

現代は、購入検討者がインターネットで情報を調べて購入する時代になりました。
必ず、比較検討します。
特徴の似ている競合物件が、多く販売されている場合は、無理のない妥当性ある価格で販売するべきです。
長い間、売れ残ってしまいますと、不動産自体のイメージも劣化してしまいます。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ