マンションを売りたい場合の進め方

マンションを売りたい場合の進め方

マンションを売りたいと思ったら、土地や一軒家同様、まずは大体の査定価格を見極める必要があります。

そのためには複数の不動産業者と打合せを行い、それぞれの査定価格を必ず比較検討しましょう。

その準備期間としておおよそ1ヶ月ぐらいの期間を見ておきましょう。

そして、マンションの売買を仲介を依頼する媒介契約を不動産業者を選定して、締結することになりますがここで押さえておかなければいけないポイントはご自身の都合上、早く売却を完了させたいのか、時間を急いではなく納得できる価格で売却をしたいと考えるのか、と言う点です。

新築と中古の価格設定の大きな違いがあります。

新築は、コスト(材料費・建築費・販売費・人件費など)の上に利益が乗っているという構造です。
中古の場合は、売却するという前提の場合、まず売主様の事情・都合があり、それが市況と比較してどうか、と考えます。

市況は、売りたい・買いたいのバランスですので、高い価格であっても、本来人気のあるエリア・物件であれば、売れていきますし、その逆の状況も可能性があります。

ですので、売買仲介会社に売却依頼をする場合は、すぐに売りたいのか・いつまでには売りたいのかというポイントを伝えて頂いて、その上で売り出し価格や販売について相談するのが良いと思います。

⇒札幌の一軒家の売却・査定に関する情報
⇒札幌の土地に関する売却・査定の情報

買主は、出来れば新しく・出来ればきれいな物件を希望する傾向があります。

リフォームをしたことがあれば、その内容(何年前に、どの部分をどのようにリフォームしたか)をしっかりと伝えることは重要です。

AD064_L

多少古くとも、立地の良いマンションもまた人気があります。
古い物件ですと、先にリフォームをした方が良いのだろうかと悩まれるお客様がいらっしゃいます。
これは建築年数だけを聞いても一概には、アドバイスが出来ない部分です。

この部分は、個体差があります。同じ建築年数でも、住まわれている家族数・ペット有無やメンテナンス状況によりましては、全く別の物件に見えることが少なくありません。

ですので査定は、価格によっては売却を考えようか、という段階であれば、机上査定ではなく訪問による実査定でなければ、参考にはならない可能性が高いです。

  • 机上査定は、あくまで平均的な一般例の価格です。架空とも言えます。

そして、いよいよ物件案内となりましたら、売主側の準備として、良い印象を持ってもらえるように、きれいに見える努力は、ぜひなされた方がよろしいと思います。

⇒札幌で不動産・土地・一軒家の売却査定・お問い合わせページ

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ